試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
640
ISBN:
9784043943814

悪果

  • 著者 黒川 博行
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
640
ISBN:
9784043943814

おまえは極道よりも性根が腐っとる――

大阪府警今里署のマル暴担当刑事・堀内は、相棒の伊達とともに賭博の現場に突入。逮捕者の取調べから明らかになった金の流れをネタに客を強請り始める。かつてなくリアルに描かれる、警察小説の最高傑作!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「悪果」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 疫病神以外の作品も読んでみたくて評判の良いこの悪果を選びました。結果は大正解!当初はどことなく桑原と二宮に似た不良警官コンビのドタバタをコミカルに描いた物語だと思いましたが、何でもないような話が実は非 疫病神以外の作品も読んでみたくて評判の良いこの悪果を選びました。結果は大正解!当初はどことなく桑原と二宮に似た不良警官コンビのドタバタをコミカルに描いた物語だと思いましたが、何でもないような話が実は非常に入りくんでおり、謎はどんどん膨らんできてのっぴきならない事態に追い込まれていく過程がリアルで目の離せない面白さ!かなり難しい内容ですが私は疫病神シリーズより好みでした。刹那的で厭世的なラストはやはりこの作家ならではの感。見習いたくない金銭感覚も特徴のようですね(笑) …続きを読む
    サム・ミイラ
    2015年02月22日
    144人がナイス!しています
  • 悪いやつから搾り取ろうと自分シノギに精を出すエゲツないマル暴刑事が主人公だ。大阪にはこんな悪徳警官がいるんやねぇ…と思わせてしまうリアリティ抜群の描きっぷり,ちゃんと読んだからオレもガサ入れできるんじ 悪いやつから搾り取ろうと自分シノギに精を出すエゲツないマル暴刑事が主人公だ。大阪にはこんな悪徳警官がいるんやねぇ…と思わせてしまうリアリティ抜群の描きっぷり,ちゃんと読んだからオレもガサ入れできるんじゃね,と錯覚してしまう濃密描写がいつも通り圧巻の読み応えだ。300ページ過ぎてもまだコトが始まらないこの長~い布石と、お約束の破滅に向かうストーリー展開でへへぇと読み疲れてしまうほどのボリューム感だった。黒川博行さんは権力を隠れ蓑にしてワルイことをする警察組織が大嫌いだと聞いた。やっぱり面白いね! 続編へ… …続きを読む
    修一郎
    2015年12月26日
    105人がナイス!しています
  • またもや黒川さんの極道物語を読む。がしかし、今作は刑事が主人公…言わば極道刑事(デカ)の物語だった。疫病神シリーズでも登場していたし、多くの刑事物にもデカと極道の癒着は付き物で、情報(ネタ)元とデカの またもや黒川さんの極道物語を読む。がしかし、今作は刑事が主人公…言わば極道刑事(デカ)の物語だった。疫病神シリーズでも登場していたし、多くの刑事物にもデカと極道の癒着は付き物で、情報(ネタ)元とデカの丁々発止のやり取りなどはごまんと読んで来たのに面白い。デカのシノギとはどう言うこっちゃ?給料だけではネタも取れない?金星なんぞ挙げられるわけが無い。そのためには裏金が必要や…裏金はどないして稼ぐんや?極道以上にシノギが大事なんや…マル暴デカの暴走が止まらない。 …続きを読む
    Shinji Hyodo
    2017年02月10日
    104人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:黒川博行(くろかわ・ひろゆき)

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)

1949年3月4日愛媛県今治市生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。大阪府立高校の美術教師を経て、83年、『二度のお別れ』が第1回サントリーミステリー大賞佳作。86年、『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞を受賞。96年、『カウント・プラン』で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞。2014年、『破門』で第151回直木三十五賞を受賞。他の著作に、『悪果』『繚乱』『離れ折紙』『後妻業』『勁草』など。   
★「疫病神」シリーズ 『疫病神』『国境』『暗礁』『螻蛄』『破門』

最近チェックした商品