シャーロック・ホームズの冒険

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784042501107

シャーロック・ホームズの冒険

  • 訳者 石田 文子
  • 著者 コナン・ドイル
  • イラスト えすと えむ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784042501107

2010年3月映画公開! 古典が決定版新訳で蘇る!

世界中で愛される名探偵ホームズと、相棒ワトスン医師の名コンビの活躍が、最も読みやすい最新訳で蘇る! 女性翻訳家ならではの細やかな感情表現が光る「ボヘミア王のスキャンダル」を含む短編集全12編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「シャーロック・ホームズの冒険」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。初登場から130年近くの時を経ても「スタンダード」な謎解きの面白さはまるで色褪せることなく、「シャーロック・ホームズ」が名探偵の代名詞と呼ばれていることの偉大さを改めて気付かされた。当時で言えば 再読。初登場から130年近くの時を経ても「スタンダード」な謎解きの面白さはまるで色褪せることなく、「シャーロック・ホームズ」が名探偵の代名詞と呼ばれていることの偉大さを改めて気付かされた。当時で言えば法律的な意味での犯罪にはあたらない日常の謎的な奇妙な事件もある。そこに抜群の嗅覚で大きな関心と好奇心を寄せるホームズの観察眼と推理力が一見取るに足らない出来事の真相を炙り出す過程は何度読んでもワクワクする。そして何と言ってもホームズとワトスンの関係はやっぱりこうでなくてはという微笑ましさが素敵だ。永遠の名作。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2014年08月31日
    143人がナイス!しています
  • ホームズは長編より短編が好みかな。しかも有名なエピソードがかなり入ってる本書が一番好き。「五つのオレンジの種」、「まだらの紐」、「赤毛連盟」が本書の中では好きなエピソード。 ホームズは長編より短編が好みかな。しかも有名なエピソードがかなり入ってる本書が一番好き。「五つのオレンジの種」、「まだらの紐」、「赤毛連盟」が本書の中では好きなエピソード。
    くりへ~
    2019年04月30日
    79人がナイス!しています
  • 【第113回海外作品読書会】こんなにも有名なホームズ作品、実は初読み。100年も前に書かれた小説とは思えないくらい、ほんとに面白かった!昔、NHKのドラマが好きでよく観てたのを思い出した。だいたいのお 【第113回海外作品読書会】こんなにも有名なホームズ作品、実は初読み。100年も前に書かれた小説とは思えないくらい、ほんとに面白かった!昔、NHKのドラマが好きでよく観てたのを思い出した。だいたいのお話はドラマで観てたなあ〜特に「まだらの紐」はドラマもちょっとサスペンスタッチで、怖かった記憶が。 …続きを読む
    chantal(シャンタール)
    2018年07月17日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品