蒼き戦記 星と語れる者

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年01月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
200
ISBN:
9784046310743

蒼き戦記 星と語れる者

  • 著者 吉橋 通夫
  • 絵 瀬島 健太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年01月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
200
ISBN:
9784046310743

ついにアオの謎があかされる。最後の戦い!

蒼き里に住む少女・アオは動物と話す力がある。しか し、海をへだてた漢都国に侵略され、里の者はどれいに…。アオたちは立ち向かい、そして、伝説の生き物とアオの謎があかされる! 今、最後の戦いが始まる!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「蒼き戦記 星と語れる者」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これが、三部作の最終巻なんて、へたこいた。でも面白い。 これが、三部作の最終巻なんて、へたこいた。でも面白い。
    M78に行きたい雨巫女。
    2010年11月21日
    7人がナイス!しています
  • こういう終わりかたでしたか。安心できると言うか 定番と言うか・・・。でも小学生だったらこういう終わり方のほうが納得がいくんだろうな。中学生だとどうなんだろうか? こういう終わりかたでしたか。安心できると言うか 定番と言うか・・・。でも小学生だったらこういう終わり方のほうが納得がいくんだろうな。中学生だとどうなんだろうか?
    おーちゃんママ
    2010年03月04日
    1人がナイス!しています
  • 女性視点の戦記ものと思えば、なんとか全体像を把握できるかなと感じた。全体を俯瞰的にみるのではなく、個人の視点によって、戦争を見るとこうなるのかと思った。 女性視点の戦記ものと思えば、なんとか全体像を把握できるかなと感じた。全体を俯瞰的にみるのではなく、個人の視点によって、戦争を見るとこうなるのかと思った。
    道錬
    2016年01月01日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品