魔物 (上)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年11月30日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
312
ISBN:
9784047881990

魔物 (上)

  • 著者 大沢 在昌
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年11月30日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
312
ISBN:
9784047881990

大沢ワールドの新境地!

北海道の麻薬取締官・大塚はロシアと地元やくざとの麻薬取引の現場を押さえるが、運び屋のロシア人は重傷を負いながらも警官数名を素手で殺害し逃走してしまった。その超人的な力にはどんな秘密が隠されているのか?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「魔物 (上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★ ★★★
    ねぎまぐろ
    2017年07月29日
    1人がナイス!しています
  • 新宿鮫のようなハードボイルを期待していたのだが、オカルトチックな所は少し期待はずれだった。 大塚麻薬取締官のトラウマがもう少しましなものであれば、面白くなったのにね。 ★★★★☆ 新宿鮫のようなハードボイルを期待していたのだが、オカルトチックな所は少し期待はずれだった。 大塚麻薬取締官のトラウマがもう少しましなものであれば、面白くなったのにね。 ★★★★☆
    あきぴー@武蔵国
    2010年08月09日
    0人がナイス!しています
  • ハードボイルド風の物語に、人外の魔物を登場させたら?という(ある意味)実験的小説。しかし、大沢在昌的ハードボイルドの行き詰まりを打破するのはこの方向性ではなく、ちょっと古いが「B・D・T〔掟の街〕」と ハードボイルド風の物語に、人外の魔物を登場させたら?という(ある意味)実験的小説。しかし、大沢在昌的ハードボイルドの行き詰まりを打破するのはこの方向性ではなく、ちょっと古いが「B・D・T〔掟の街〕」とかだったような気がする。 …続きを読む
    落狐
    2011年01月21日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品