試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041227695

小説帝銀事件 新装版

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041227695

昭和史の謎に挑んだ松本清張の代表作が、読みやすい新装版で登場!

占領下の昭和23年1月26日、豊島区の帝国銀行で発生した毒殺強盗事件。捜査本部は旧軍関係者を疑うが、画家・平沢貞通に自白だけで死刑判決が下る。昭和史の闇に挑んだ清張史観の出発点となった記念碑的名作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「小説帝銀事件 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小説というが、おそらくある程度まで裏を取った上で書いているだろう。そうでなければ、許されないほど思い切った内容だ。どちらかと言えばジャーナリスティックな側面が強い。だからこそ、表題に「小説」の二文字を 小説というが、おそらくある程度まで裏を取った上で書いているだろう。そうでなければ、許されないほど思い切った内容だ。どちらかと言えばジャーナリスティックな側面が強い。だからこそ、表題に「小説」の二文字を冠したのかも。731部隊への言及は、最後に少しだけ。それが、著者の書ける精いっぱいの内容だったのか。小説と言いながら、現実の事件を扱うことに苦しんでいるように見え、読んでいるこちらも苦しかった。 …続きを読む
    月六
    2017年07月06日
    89人がナイス!しています
  • 下山事件に連合赤軍事件、そして帝銀事件が、個人的に興味を引かれてやまない昭和の三大事件。清張は「日本の黒い霧」でも帝銀事件を取り上げているけれど、こちらが先行作。つまりはこの事件があの問題作に繋がった 下山事件に連合赤軍事件、そして帝銀事件が、個人的に興味を引かれてやまない昭和の三大事件。清張は「日本の黒い霧」でも帝銀事件を取り上げているけれど、こちらが先行作。つまりはこの事件があの問題作に繋がったと言える。状況証拠と自白に重きを置いた検察側の主張にはかなりの無理があるようだ。屁理屈と感じるところも多々。何より感じるのは、他に例を見ない程に冷酷無比な犯罪を犯したのが、一介の画家であるという違和感だ。今作ではGHQの関与はぼやかされる程度。清張の考察をより理解するには「日本の〜」と併せ読むのがお薦め。 …続きを読む
    yumiko
    2018年03月18日
    78人がナイス!しています
  • うちの帝銀事件に関する知識は「銀行で薬やと騙して毒飲ませて複数人を殺し、犯人は塀の中で高齢で亡くなった」という程度。本作を読んで、画家・平沢について非常に興味を覚える一方、あの時代だからこそなし得た犯 うちの帝銀事件に関する知識は「銀行で薬やと騙して毒飲ませて複数人を殺し、犯人は塀の中で高齢で亡くなった」という程度。本作を読んで、画家・平沢について非常に興味を覚える一方、あの時代だからこそなし得た犯罪であり、あの時代だからこそ彼が犯人として片付けられた、と再認識。清張センセは、軍関係、GHQ、旧刑事訴訟法等を問題視したはるけど、うちは平沢の病気のことが1番気になる。もともと虚言癖っぽかった上に、狂犬病の予防注射のせいでさらに嘘つきになったとか…。彼に必要やったのは、弁護より何より治療やったんちゃうの!? …続きを読む
    ヨーコ・オクダ
    2020年06月23日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品