誰かと暮らすということ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年10月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048740043

誰かと暮らすということ

  • 著者 伊藤 たかみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年10月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784048740043

男女の微妙な距離感を鮮やかに描く

会社で同僚たちからも距離を置かれている同期の男女。恋人同士になるわけでもなく、距離感がつかめず戸惑っている。都会の片隅で不満や希望を抱く者たちを鮮やかに芥川賞作家が描く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「誰かと暮らすということ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読メで見かけた作品で、初読みの作家さんでした。読みやすく、人物のココロの動きや表情さえもわかりやすく感じる描写は好みの作風です。本作は「セージ」とあだ名が「虫」というさえない男女を中心に他の人物たちが 読メで見かけた作品で、初読みの作家さんでした。読みやすく、人物のココロの動きや表情さえもわかりやすく感じる描写は好みの作風です。本作は「セージ」とあだ名が「虫」というさえない男女を中心に他の人物たちが微妙にリンクする連作集で、リンク具合が絶妙にえがかれています。最初はどちらもメンドクサイキャラだと思っていた「セージ」と「虫」ですが、なんとなくお互い話すうちにゆっくりながら心を開いていく距離感もまた絶妙な描写です。時が経つにつれ2人の間の空気が温かく変化し、読んでいる側にもホンワカと伝わってくる感じでした。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2015年12月26日
    129人がナイス!しています
  • 何となくひかれる話たち。男女の距離が少しずつ短くなっていく様子が、まどろっこしくもなく、じんわりと胸の底を温かくさせる。ただ、一番最初の飲み会の席で虫壁とセージに持った印象が、それ以降の二人のイメージ 何となくひかれる話たち。男女の距離が少しずつ短くなっていく様子が、まどろっこしくもなく、じんわりと胸の底を温かくさせる。ただ、一番最初の飲み会の席で虫壁とセージに持った印象が、それ以降の二人のイメージとあわなく、そこが残念だった。案外普通の二人じゃないかと思って…。子供ちゃんの喪失を徐々に癒す二人や、カレーの話をする二人の短編が一番好き。 …続きを読む
    ケイ
    2016年05月16日
    119人がナイス!しています
  • 同僚同士の知加子とセージが愛を育む様子と、同じ地区に暮らす人たちのエピソードを交えた連作短編集。二人の様子がとっても良いです。地味めだけど、微笑ましい。セージに対してだけ強気でちょっとわがままな知加子 同僚同士の知加子とセージが愛を育む様子と、同じ地区に暮らす人たちのエピソードを交えた連作短編集。二人の様子がとっても良いです。地味めだけど、微笑ましい。セージに対してだけ強気でちょっとわがままな知加子が可愛いし、鈍感だけど寛大なセージが頼もしい。これからの2人をもっと見たいなと思いました。間に織り込まれた別の夫婦のエピソードも、切ない話ばかり。どれも好きでしたが、「サッチの風」が良かった。著者の作品2作目。大好きな作家さんに決定です。 …続きを読む
    taiko
    2016年02月07日
    89人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品