誰かと暮らすということ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041006580

誰かと暮らすということ

  • 著者 伊藤 たかみ
  • デザイン 角川書店装丁室 國枝達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041006580

都会の片隅で不満や希望を抱える者たちを鮮やかに描く作品集

いつになったら、満たされるんだろう。誰に対して怒っているんだろう――都会の片隅でちいさな不満やささやかな希望を抱きながら生きる等身大の日常に優しいまなざしを注ぐハートウォーミングストーリー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「誰かと暮らすということ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最近ハマり気味の伊藤たかみ。ミカママさんのレビューで。わー、なんか良かった。虫壁さんの感じ、身につまされるわ。こんな恋はしてないし、全然似てないのに、いつかの自分?って思った。セージさんの告白までが好 最近ハマり気味の伊藤たかみ。ミカママさんのレビューで。わー、なんか良かった。虫壁さんの感じ、身につまされるわ。こんな恋はしてないし、全然似てないのに、いつかの自分?って思った。セージさんの告白までが好き。ただ子供ちゃんふたたび、良かったねぇ。自分を振り返って、会社の寮から今の旦那とのマンション同棲と、いわゆる一人暮らしを経験しなかった。アパート借りてみたかったなぁ。今から借りる状況になるのは辛いけど。うん、なんか良かった。 …続きを読む
    papako
    2018年06月19日
    83人がナイス!しています
  • 同期で家も近所の虫壁とセージが少しずつ距離を縮めていく様子を軸に、下井草に住む人々の日常を穏やかに描く連作短編集。不器用な大人たちが抱える孤独、距離感、寂しさが等身大で学ぶことが多い作品だった。もちろ 同期で家も近所の虫壁とセージが少しずつ距離を縮めていく様子を軸に、下井草に住む人々の日常を穏やかに描く連作短編集。不器用な大人たちが抱える孤独、距離感、寂しさが等身大で学ぶことが多い作品だった。もちろん誰かと暮らすのは楽しいことばかりではなく、時に苦しかったり難しいこともある。それでも一緒にいると救われたり守られていると感じられるから人は誰かと暮らすんだろうなあと思った。自分を必要としてくれる誰かと暮らすことで癒える孤独ってあると私は思う。だから二人の距離感と空気感がとても心地よかった。(iBooks) …続きを読む
    ☆ゆう☆
    2014年05月05日
    81人がナイス!しています
  • タイトル通り、だれかと暮らすことを基に展開される短篇集。誰かと暮らすこと、それが家族、友人、恋人、色んな暮らしがある。そしてはじまりもあれば終わりだってある。そういったことが描かれていてどれも印象的な タイトル通り、だれかと暮らすことを基に展開される短篇集。誰かと暮らすこと、それが家族、友人、恋人、色んな暮らしがある。そしてはじまりもあれば終わりだってある。そういったことが描かれていてどれも印象的な作品ばかりでした。一緒に住むことで、ほとんどの時間も場所も共有することになる、それが明るい未来に繋がるのか悲しい未来に繋がるのかなんてわからないけど、でも自分にとってとても大きなことなんだと思う。個人的には最後のお話が好き。別れによってその土地への気持ちも変わってしまう。寂しいようなやるせないような。 …続きを読む
    2015年01月25日
    78人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品