角川ホラー文庫

ボクサー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041789896
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

ボクサー

  • 著者 吉村 達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041789896

恐怖と苦悩の末に元チャンピオンが選んだ結末とは? 吉村ホラーの新境地!

世界王者の芹沢哲が異常に気づいたのは、タイトル防衛戦の最中だった。体が徐々に女性化しているのだ! リングに立てず、誹謗中傷の嵐が浴びせられる。異変を恐れ、追い詰められ、パニックに陥る彼だったが。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ボクサー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これがホラーなのかと問われてしまうと、背筋がゾクゾクする怖さは全くない。だけど自分の身に置き換えて考えると、精神的に辛くなる恐怖は感じる。『マタンゴ』を読んだときも思ったけど、あらすじ読むと馬鹿らしい これがホラーなのかと問われてしまうと、背筋がゾクゾクする怖さは全くない。だけど自分の身に置き換えて考えると、精神的に辛くなる恐怖は感じる。『マタンゴ』を読んだときも思ったけど、あらすじ読むと馬鹿らしい気がするものでも、読んでみると案外よく考えられていて面白い。吉村作品は、そんなのが多いような気がします。 …続きを読む
    ペトロトキシン
    2017年06月08日
    11人がナイス!しています
  • 『男らしさ』が自慢だった男が女性化していくストーリー。 ホラーではない気がしましたが、作品としては考えさせられるものがあったので、成功していたと思います。 『男らしさ』が自慢だった男が女性化していくストーリー。 ホラーではない気がしましたが、作品としては考えさせられるものがあったので、成功していたと思います。
    そのぼん
    2012年03月31日
    10人がナイス!しています
  • ボクシング世界王者の芹沢哲が主人公。哲は防衛回数を増やすにつれて段々と自分の体の異変に気付く。男らしさを自慢にしていた体が徐々に女らしくなっていくという異変。そしてとうとう9回目の防衛戦の最中に決定的 ボクシング世界王者の芹沢哲が主人公。哲は防衛回数を増やすにつれて段々と自分の体の異変に気付く。男らしさを自慢にしていた体が徐々に女らしくなっていくという異変。そしてとうとう9回目の防衛戦の最中に決定的な出来事が…という展開。この奇病が発した事により哲の生い立ち等が語られていくわけだが心の葛藤や哲を支える妻の苦悩が痛々しい。この本は事前に読了した方々の泣けるという感想を見ていたので気になっていた作品。あらすじを見てどこが泣けるんだろう?と思いながら読んだが最後のシーンで涙している自分がいた。  …続きを読む
    ヤスヒ
    2011年12月09日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品