昭和二十年夏、僕は兵士だった

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784048850216

昭和二十年夏、僕は兵士だった

  • 著者 梯 久美子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784048850216

大宅壮一ノンフィクション賞「散るぞ悲しき」に次ぐ戦争ノンフィクション

俳人の金子兜太氏、考古学者の大塚初重氏、俳優の三國連太郎氏、マンガ家の水木しげる氏、建築家の池田武邦氏。彼らにとってあの戦争とは何だったのか。胸を熱くする傑作戦争ノンフィクション。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「昭和二十年夏、僕は兵士だった」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 俳人の金子兜太氏、考古学者の大塚初重氏、俳優の三國連太郎氏、マンガ家の水木しげる氏、建築家の池田武邦氏。それぞれの戦争体験を語っていただいたものを1冊にまとめたものです。何だろう。様々な思いが交錯して 俳人の金子兜太氏、考古学者の大塚初重氏、俳優の三國連太郎氏、マンガ家の水木しげる氏、建築家の池田武邦氏。それぞれの戦争体験を語っていただいたものを1冊にまとめたものです。何だろう。様々な思いが交錯して自分の中で消化するのが非常に難しい。戦争とは一種の狂気なのだろう。平常時であればイヤなことはイヤだと拒否できることも世間全体がそれを許さず、1つの思想へと統一してしまう。戦争には反対です。日本は愚かなことをしたのかもしれません。けれど彼らがそこで生きてきた時間まで否定することはできないなと思いました。★★★★ …続きを読む
    うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)
    2015年08月09日
    71人がナイス!しています
  • 職業軍人や召集された下士官、一兵卒、軍隊の中での立場もバラバラの五人の証言はどれも重たくて。当時、ありとあらゆる男子が戦場に連れて行かれ、そこで皆無惨な体験をして生き残り、その後戦争を背負って生きてき 職業軍人や召集された下士官、一兵卒、軍隊の中での立場もバラバラの五人の証言はどれも重たくて。当時、ありとあらゆる男子が戦場に連れて行かれ、そこで皆無惨な体験をして生き残り、その後戦争を背負って生きてきたのだなと思った。私の祖父も衛生兵として南方へ行った事があったらしく、病院で死ぬ間際には看護師さんを敵と間違えて暴れて困らせたり、うわ言で仲間に謝ったりしていた。元気だった時に話を聞けば良かったと思った…話したくないと言われたかもしれないけれど。戦争を語れる人がどんどん減っていく。貴重な本だと思った。 …続きを読む
    ころりんぱ
    2014年03月12日
    44人がナイス!しています
  • 「なぜ無謀な戦争を避けられなかったのか。その理由は、日本人一人一人の中にあるはずです。辛くてもそれと向き合わないと、また同じことを繰り返すに違いありません。戦死者たちはもはや何も語りません。かれらの死 「なぜ無謀な戦争を避けられなかったのか。その理由は、日本人一人一人の中にあるはずです。辛くてもそれと向き合わないと、また同じことを繰り返すに違いありません。戦死者たちはもはや何も語りません。かれらの死は一体何であったのか。日本という共同体は、その共同体の為に死んだ人々に対し、心から向き合い、弔うということを蔑ろにしてきました。死者を置き去りにして繁栄を求めた日本人は、同時に、この戦争によってアジア各国に対して途方も無い戦禍を及ぼし、それらの人々の心を傷つけてきた事実からも目をそらし続けてきたんじゃないか」 …続きを読む
    2015年02月23日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品