御堂関白記 藤原道長の日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

御堂関白記 藤原道長の日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
466
ISBN:
9784044072070
label

御堂関白記 藤原道長の日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

  • 著者 藤原 道長
  • 編者 繁田 信一
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
466
ISBN:
9784044072070

光源氏のモデルで最高権力者・藤原道長はいったい何を日記に書いていたか!

王朝時代の事実上の最高権力者であり、光源氏のモデルとされる藤原道長は、どんな毎日を過ごしていたのだろうか。抵抗勢力のために機能不全となる朝廷、ごますり上手な武家の棟梁、道長政権の庇護者、漢詩文の隆盛、2人の妻、親王誕生、金峰山参詣、息子の出家――。本書は、道長の日記『御堂関白記』をわかりやすい現代語訳で読みこなす。道長のすがおを通して、千年前の日々が時空を超えて甦る。 王朝時代の事実上の最高権力者であり、光源氏のモデルとされる藤原道長は、どんな毎日を過ごしていたのだろうか。抵抗勢力のために機能不全となる朝廷、ごますり上手な武家の棟梁、道長政権の庇護者、漢詩文の隆盛、2人の妻、親王誕生、金峰山参詣、息子の出家――。本書は、道長の日記『御堂関白記』をわかりやすい現代語訳で読みこなす。道長のすがおを通して、千年前の日々が時空を超えて甦る。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目次

はじめに

長徳四年戊戌(九九八) 左大臣藤原道長三十三歳
長保元年己亥(九九九) 左大臣藤原道長三十四歳
長保二年庚子(一〇〇〇) 左大臣藤原道長三十五歳
寛弘元年甲辰(一〇〇四) 左大臣藤原道長三十九歳
寛弘二年乙巳(一〇〇五) 左大臣藤原道長四十歳
寛弘四年丁未(一〇〇七) 左大臣藤原道長四十二歳
寛弘五年戊申(一〇〇八) 左大臣藤原道長四十三歳
寛弘六年己酉(一〇〇九) 左大臣藤原道長四十四歳
寛弘七年庚戌(一〇一〇) 左大臣藤原道長四十五歳
寛弘八年辛亥(一〇一一) 左大臣藤原道長四十六歳
長和元年壬子(一〇一二) 左大臣藤原道長四十七歳
寛仁二年戊午(一〇一八) 太政大臣藤原道長五十三歳
寛仁三年己未(一〇一九) 僧行覚五十四歳
寛仁四年庚申(一〇二〇) 僧行覚五十五歳

付録
コラム

同じシリーズの作品

「御堂関白記 藤原道長の日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 道長の日記(の解説)を読む限り学問や詩には明るくなかったようで、文章の間違いが指摘されていて面白い。毎日忙しなく動いてる様子や政敵に嫌がらせをしている様子が伺えて、当時の宮廷内の様子を想像(妄想!)しな 道長の日記(の解説)を読む限り学問や詩には明るくなかったようで、文章の間違いが指摘されていて面白い。毎日忙しなく動いてる様子や政敵に嫌がらせをしている様子が伺えて、当時の宮廷内の様子を想像(妄想!)しながら読むと楽しさ倍増。文学作品を読むよりも、貴族の日記を読んでその時代に思いを馳せる方が面白いかもしれない、と思いながら読了。 …続きを読む
    しゅてふぁん
    2021年09月16日
    57人がナイス!しています
  • 道長自筆の部分が少なからず含まれている『御堂関白記』。そんな貴重なものなのに『何やらおかしな漢文』と解説(当時の男性の日記は全て漢文)されていておもしろかった。どうやら道長は漢字や漢文が苦手だったらしい 道長自筆の部分が少なからず含まれている『御堂関白記』。そんな貴重なものなのに『何やらおかしな漢文』と解説(当時の男性の日記は全て漢文)されていておもしろかった。どうやら道長は漢字や漢文が苦手だったらしい(笑)訳文、読み下し文、寸評、原文(白文)の順で書かれていて(当たり前だけど)原文はただ漢字が羅列されているだけで、難しいを通り越してちょっと笑えた。男性の日記は息子や孫に残す政治的な記録だけあって、女性が書き残したものとは随分と違うなぁ。私は女性が書いたものの方が面白くて好きだな。 …続きを読む
    しゅてふぁん
    2016年11月23日
    25人がナイス!しています
  • 王朝時代の最高権力者、藤原道長の直筆が残る日記「御堂関白記」の抄訳解説。当時はネットもアーカイブも無かったので子孫にいろいろ伝えるためにも日記を書くのは重要だった。しかし道長様は日記をサボる、愚痴る、 王朝時代の最高権力者、藤原道長の直筆が残る日記「御堂関白記」の抄訳解説。当時はネットもアーカイブも無かったので子孫にいろいろ伝えるためにも日記を書くのは重要だった。しかし道長様は日記をサボる、愚痴る、文法がおかしい、人名の途中で書くのをやめる(不気味)、一条天皇崩御を「萌給」とか書いてしまう。萌えてどうする!そんな生々しい平安貴族の正しい日常が、当時の風習を交えて綴られていていろいろと興味深い。編者の繁田先生も遠まわしに学が無いと言いつつ温かい視線を送っています。今やユネスコ記録遺産。萌えますね。 …続きを読む
    Kouro-hou
    2015年03月20日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品