試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年03月10日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784048676021

白山さんと黒い鞄

  • 著者 鈴木 鈴
  • イラスト ここのか
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年03月10日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784048676021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「白山さんと黒い鞄」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ミミックみたいな。話の流れとしては一般的なラブコメといった具合。キャラ達の魅力は感じるが、結局この話の目的はどの部分にあたるのか。最終目的はどこなのかはまだハッキリしない。もちろんそれらを踏まえた上で ミミックみたいな。話の流れとしては一般的なラブコメといった具合。キャラ達の魅力は感じるが、結局この話の目的はどの部分にあたるのか。最終目的はどこなのかはまだハッキリしない。もちろんそれらを踏まえた上で魅力がないわけじゃないが、いろんな意味でコメントに困るのもあるな。個人的には白山さんが好み …続きを読む
    中性色
    2018年11月06日
    15人がナイス!しています
  • ★★☆☆☆ 序盤から中盤にかけては面白かった。けれど、中盤から終盤にかけての異能力バトルが如何せん性に合わなかったなぁ。といっても、キャラの造形自体は非常に良かったように思う。ただ、九衛。頼むから少し ★★☆☆☆ 序盤から中盤にかけては面白かった。けれど、中盤から終盤にかけての異能力バトルが如何せん性に合わなかったなぁ。といっても、キャラの造形自体は非常に良かったように思う。ただ、九衛。頼むから少し空気を読めるようになって。「え。なんだっけ」系主人公以外にこんな感情を抱いたのは久しぶり。というかお呼びじゃないです。カバンの中に引っ込んでてください。なんてな悪態をつきたくなる程にはその言動が目に余るものだったかなぁ、と。しかし、作者は鈴木鈴。そんじょそこらのラノベよりは頭一つ分抜きん出ていた印象だった。 …続きを読む
    此処其処。
    2013年08月08日
    8人がナイス!しています
  • 白山さんの可愛さ、先輩の変態さ(クノエのキャラと、伊織の格好良さ)だけで引っ張ってる気がする。色々突っ込みたい点もあるが。。☆3.75くらい。一応次巻も読みます。 白山さんの可愛さ、先輩の変態さ(クノエのキャラと、伊織の格好良さ)だけで引っ張ってる気がする。色々突っ込みたい点もあるが。。☆3.75くらい。一応次巻も読みます。
    いけせ@size air+
    2010年06月03日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品