角川つばさ文庫

電池が切れるまで

小学4年生のゆきなちゃんが残した、笑顔と「命」のメッセージ!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年03月03日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
160
ISBN:
9784046310163
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川つばさ文庫

電池が切れるまで

小学4年生のゆきなちゃんが残した、笑顔と「命」のメッセージ!

  • 作 宮本 雅史
  • 絵 石井 勉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年03月03日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
160
ISBN:
9784046310163

小学4年生のゆきなちゃんが残した、笑顔と「命」のメッセージ!

「だから 私は命が疲れたと言うまで せいいっぱい生きよう」。この詩をかいて4か月後になくなったゆきなちゃん、白血病をのりこえて医師をめざすもりたくん……。病気になっても笑顔で生きたこどもたちの物語。

メディアミックス情報

NEWS

「電池が切れるまで」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 涙なくしては読めません。ひたすらに切ないです。「命がつかれたというまで、せいいっぱい生きよう。」「生」を駆け抜けていった11歳の女の子ゆきなちゃんの「命の詩」。こんなにもシンプルで、こんなにも心打つ言 涙なくしては読めません。ひたすらに切ないです。「命がつかれたというまで、せいいっぱい生きよう。」「生」を駆け抜けていった11歳の女の子ゆきなちゃんの「命の詩」。こんなにもシンプルで、こんなにも心打つ言葉を紡げるなんて。重病とたたかうゆきなちゃんと両親を中心として、こども病院で病気にたちむかう子供たち、そして院内学級での助け合いと喜び。そのピュアさの前には、自分がもっているさまざまな煩悩、欲望、感情など、すべてが卑小なものに感じられます。「生きる」ということの大切さを修飾語なしで突きつけられる一冊です。 …続きを読む
    じょんじょん
    2018年10月10日
    47人がナイス!しています
  • 「だから私は命が疲れたと言うまでせいいっぱい生きよう」わずか11歳で自分の残りの命を悟り、でもそれまで精一杯生きようと決意するゆきなちゃん。11歳の女の子のどこにそんな強さがあるのだろう。ゆきなちゃん 「だから私は命が疲れたと言うまでせいいっぱい生きよう」わずか11歳で自分の残りの命を悟り、でもそれまで精一杯生きようと決意するゆきなちゃん。11歳の女の子のどこにそんな強さがあるのだろう。ゆきなちゃんだけでなく、この本に登場する子供たちはみんな強くて聡くて優しい。生きたくても生きられない人がたくさんいるということ、当たり前のことなのに普段生活してると忘れちゃうなぁ。 …続きを読む
    きのぴ
    2018年12月03日
    21人がナイス!しています
  • これは、胸がつまりますね。病気で学校に行けない子供達が院内学級で助けあいながらも明るく皆と勉強したり、頑張って辛い治療を受けたり。勝手な思いですが、子供にだけは病気ってかからないものだといいのに、と思 これは、胸がつまりますね。病気で学校に行けない子供達が院内学級で助けあいながらも明るく皆と勉強したり、頑張って辛い治療を受けたり。勝手な思いですが、子供にだけは病気ってかからないものだといいのに、と思います。小さな子が苦しんでいるのは見るに堪えません。それにしても、皆の詩が素直な気持ちで書かれていて心にとても沁みました。 …続きを読む
    花々
    2014年06月12日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品