ブレイブ・ストーリー (1)幽霊ビル

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784046310293

ブレイブ・ストーリー (1)幽霊ビル

  • 著者 宮部 みゆき
  • イラスト 鶴田 謙二
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784046310293

勇気と感動のファンタジー超大作!

ゲーム好きな小学5年生の三谷亘は、ある日幽霊が出るとウワサされるビルに忍び込み、光を放つ謎の扉を目撃する。扉の向こうは、見知らぬ異世界”幻界(ヴィジョン)”。運命を変えるため亘は冒険の旅に出る!

メディアミックス情報

NEWS

「ブレイブ・ストーリー (1)幽霊ビル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 娘と一緒に読むため、つばさ文庫を図書館で借りてきた。宮部さんの超大作ファンタジー。序盤は物語の歩みが遅く、主人公の少年が大人の事情に振り回される苦しい展開。そして、さあ冒険へ!というところで1巻終了。 娘と一緒に読むため、つばさ文庫を図書館で借りてきた。宮部さんの超大作ファンタジー。序盤は物語の歩みが遅く、主人公の少年が大人の事情に振り回される苦しい展開。そして、さあ冒険へ!というところで1巻終了。早く続き読みたいなあ。次巻はもっとワクワクできることに期待。 …続きを読む
    マッキー
    2018年03月10日
    11人がナイス!しています
  • ★☆☆ ★☆☆
    m@doka
    2015年12月29日
    3人がナイス!しています
  • 両親の離婚問題が痛すぎる。父ちゃんそれは酷いよ(泣)「失敗」とか「間違い」とか、父親として最低だ。子供に読ませるには正直ためらうなぁ。温室で育てるつもりはないけど、心配しなくても子供は大人が思ってる程 両親の離婚問題が痛すぎる。父ちゃんそれは酷いよ(泣)「失敗」とか「間違い」とか、父親として最低だ。子供に読ませるには正直ためらうなぁ。温室で育てるつもりはないけど、心配しなくても子供は大人が思ってる程子供じゃないけど・・でもなぁ、切なすぎる。結構分厚いのに、子供が読みたいであろう異世界の話は殆ど出ず、現実世界の憂鬱なお話だけで終わる。最後数ページで良いから、幻界でのさわりを入れて欲しかった。そしたら、本を閉じる時にもう少しわくわくした気持ちでいられただろうに。以降がわくわくする展開なのかは知らないけどね …続きを読む
    ちょし
    2012年07月12日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品