つまみぐい文学食堂

関連作品有り

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043943302

関連作品有り

つまみぐい文学食堂

  • 著者 柴田 元幸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043943302

名翻訳家柴田氏の筆が光る名エッセイ!

O・ヘンリーのライスプディング、カポーティのフルーツ・ケーキなど、一皿の表現が作品の印象を決めるような食にまつわるあれこれを綴った、柴田節光る異色エッセイ。吉野朔実さんのイラストつきでお届けします。

メディアミックス情報

NEWS

「つまみぐい文学食堂」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 文学の中の食の数々をエッセイとしてまとめた本。著者は翻訳家ということでメルヴィルやポール・オースター、リチャード・ブローティガン、バロウズそして小津安二郎のことなどにも触れている。海外文学というのは私 文学の中の食の数々をエッセイとしてまとめた本。著者は翻訳家ということでメルヴィルやポール・オースター、リチャード・ブローティガン、バロウズそして小津安二郎のことなどにも触れている。海外文学というのは私の苦手でどうも相性が悪い。しかしこの本を読んでいて読んでみたいなというのもいくつかあった。『白鯨』などは前から読んでみたい一冊。ジョン・ヒューストン監督の映画の『白鯨』は何度か見たことがあるので筋は分かっているのだけれど、文庫本の厚みでつい尻込み・・・・・ …続きを読む
    kinkin
    2019年11月15日
    94人がナイス!しています
  • 主に英米文学からの「食」の引用。アメリカ文学には明るくないので、日本の作品にはない特殊な傾向があることがうっすらとわかった。しかし柴田先生のエッセイも軽妙で面白い。文学+エッセイの美味しいとこどりをし 主に英米文学からの「食」の引用。アメリカ文学には明るくないので、日本の作品にはない特殊な傾向があることがうっすらとわかった。しかし柴田先生のエッセイも軽妙で面白い。文学+エッセイの美味しいとこどりをした作品集。 …続きを読む
    佐島楓
    2019年08月04日
    66人がナイス!しています
  • 元大学教授にして翻訳家の著者が英米文学に登場する食をテーマにして著した文芸紹介エッセイ。海外文芸には正直なところ、あまり詳しくないのだが、文体も軽妙かつユーモア一杯で前提知識が無くとも楽しめる。(勿論 元大学教授にして翻訳家の著者が英米文学に登場する食をテーマにして著した文芸紹介エッセイ。海外文芸には正直なところ、あまり詳しくないのだが、文体も軽妙かつユーモア一杯で前提知識が無くとも楽しめる。(勿論、前提知識があればもっと楽しめる。)ただ、美味しいものよりも不味いものの方が面白いという論説には納得だが、日本文芸やフランス文芸だと、あまり不味いものは見かけないのは錯覚なのかな?登場する作品で読んだものは極僅か。ついつい国内の文芸作品に手が伸びるが、海外文芸も読んでみようと思う。 …続きを読む
    ponpon
    2019年02月17日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品