第3の人生の始まり つれづれノート(15)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784041673713

第3の人生の始まり つれづれノート(15)

  • 著者 銀色 夏生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784041673713

「つれづれノート」シリーズ、待望の復活!

宮崎への移住から四年、銀色親子が東京へ帰ってきた! 娘の受験や息子の転校といった難しいイベントを経ながらも、旅人のような視点で日々を鋭く軽快に綴る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「第3の人生の始まり つれづれノート(15)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なんだか読みづらくてなかなか進まなかった。。。文章中に「田中圭」くんの名前が出てきてなんだかうれしかった。 なんだか読みづらくてなかなか進まなかった。。。文章中に「田中圭」くんの名前が出てきてなんだかうれしかった。
    ☆初音☆
    2018年07月17日
    12人がナイス!しています
  • 初めて付箋をつけながらつれづれを読む。好きになるのは人単位じゃなく、人の中のある時期のある部分、人が境目じゃない。死んでるのが普通と思えば、生きていることはすごく一瞬ですごく面白い、価値観はほとんど全 初めて付箋をつけながらつれづれを読む。好きになるのは人単位じゃなく、人の中のある時期のある部分、人が境目じゃない。死んでるのが普通と思えば、生きていることはすごく一瞬ですごく面白い、価値観はほとんど全部ひっくり返る(これすごい(笑))。気分転換したい時こそ一人でいるべき。感情的には失敗したと思っても理性的に考えると成功だったなと思うことがよくある。歳を取る=話を聞かず相手を見なくなる。歓迎できない出来事をどう解釈できるか。人の自己申告を鵜呑みにするべきではない。私がぼんやり感じてることを鋭く言葉にしてる。 …続きを読む
    マカロン
    2013年03月01日
    7人がナイス!しています
  • 正直このひとにはもう詩だけ書いていて欲しい。あくまでも一読者の気持ちとしては。何故エッセイになると言葉を選ばないのだろう。はっとすることを書いている一方で《してあげた》という表現が多いことになんとなく 正直このひとにはもう詩だけ書いていて欲しい。あくまでも一読者の気持ちとしては。何故エッセイになると言葉を選ばないのだろう。はっとすることを書いている一方で《してあげた》という表現が多いことになんとなく苦さを感じるような、なんともいえない気持ちになる。勝手さと気儘さが時には顕わすぎて目を背けたくなる。混じる《はっ》とすることを見たくて読んでしまうのだけれど。 …続きを読む
    Mitzz
    2009年06月12日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品