別冊 図書館戦争II

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年08月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
292
ISBN:
9784048672399

別冊 図書館戦争II

  • 著者 有川 浩
  • イラスト 徒花 スクモ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年08月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
292
ISBN:
9784048672399

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

「図書館戦争」シリーズ 絶賛発売中!


「別冊 図書館戦争II」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「もしもタイムマシンがあったら」緒方副隊長が大学時代に戻りたいと思う気持ちが切ない。不惑を二年過ぎた今も想い続ける二人。お互い嫌いじゃないのに別れてしまった選択は間違いだったのか? 二十年近く、お互い 「もしもタイムマシンがあったら」緒方副隊長が大学時代に戻りたいと思う気持ちが切ない。不惑を二年過ぎた今も想い続ける二人。お互い嫌いじゃないのに別れてしまった選択は間違いだったのか? 二十年近く、お互い以上に心が振れる相手がいなかったから、どちらも独り身のまま。その選択を間違いでなかったと云える方法が一つだけあるように思える。きっとそうなると信じたい。また、柴崎と手塚のハッピーエンドを祝福したい。有川さんは読者がそうあって欲しいと思う結末を用意してくれる。 …続きを読む
    佐々陽太朗(K.Tsubota)
    2013年07月15日
    410人がナイス!しています
  • 個人的にはI(ファースト)よりII(セカンド)の方が楽しめたかも。有川さんの旦那さま、グッドジョブ!です。ついでながら、IIIに続いても不自然さはないよ。 個人的にはI(ファースト)よりII(セカンド)の方が楽しめたかも。有川さんの旦那さま、グッドジョブ!です。ついでながら、IIIに続いても不自然さはないよ。
    takaC
    2012年05月05日
    409人がナイス!しています
  • 初読。作中では恋愛慣れしている設定でも、そうとは思えない言動が気になっていた彼女の話。読んでる最中のハラハラ感も、終わってみれば作者にはサスペンス書いてもらっても面白そうと思えてよかった。物語の着地 初読。作中では恋愛慣れしている設定でも、そうとは思えない言動が気になっていた彼女の話。読んでる最中のハラハラ感も、終わってみれば作者にはサスペンス書いてもらっても面白そうと思えてよかった。物語の着地点の付け方がとても上手い。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2008年08月01日
    407人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

有川 浩(ありかわ・ひろ)

高知県生まれ。
第10回電撃小説大賞『塩の街 wish on my precious』で2004年デビュー。
2作目の『空の中』が絶賛を浴び、『図書館戦争』シリーズで大ブレイク。
その後、『植物図鑑』『キケン』『県庁おもてなし課』『旅猫リポート』で、 4年連続ブクログ大賞を受賞。
他著作に『シアター!』『フリーター、家を買う。』『三匹のおっさん』『阪急電車』 『ラブコメ今昔』『海の底』『レインツリーの国』『ストーリー・セラー』 『ヒア・カムズ・ザ・サン』『空飛ぶ広報室』『明日の子供たち』『キャロリング』 などがある。

この著者の商品

最近チェックした商品