戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041315323

戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている

  • 著者 寺山 修司
  • 装丁 鈴木 成一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041315323

没後25周年記念の年、初期の傑作戯曲集が読みやすい新版で登場!

美しい男娼マリーと美少年・欣也とのゆがんだ親子愛を描いた「毛皮のマリー」。1960年安保闘争を描く処女戯曲「血は立ったまま眠っている」など5作を収録。寺山演劇の萌芽が垣間見える初期の傑作戯曲集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 5篇を収録する戯曲集。篇中の白眉はなんといっても「毛皮のマリー」だろう。この作品は、こうして戯曲として読んでも、想像力が拡がって十分に楽しめるのだが、やはり舞台で見てみたい。寺山自身による演出で、19 5篇を収録する戯曲集。篇中の白眉はなんといっても「毛皮のマリー」だろう。この作品は、こうして戯曲として読んでも、想像力が拡がって十分に楽しめるのだが、やはり舞台で見てみたい。寺山自身による演出で、1967年新宿文化劇場で初演されている。その時には都内21件のゲイ・バーが協力したというから、さぞかし賑やかで楽しい舞台だっただろう。また、その後もフランクフルト国際実験演劇祭やニューヨークでも上演されたようだが、舞台の様子は、その都度大いに違っていたようだ。それでこそ寺山劇だと思う。天井桟敷、見たかったなあ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2014年01月21日
    148人がナイス!しています
  • 「歴史はみんなウソ、去ってゆくものはみんなウソ、あした来る鬼だけが、ホント!さあ、出て行きましょう。あなたに見せてあげたいの。」「見たくない!まっくらだ。何も見えない。」「いや、見えるぞ、何もかもウソ 「歴史はみんなウソ、去ってゆくものはみんなウソ、あした来る鬼だけが、ホント!さあ、出て行きましょう。あなたに見せてあげたいの。」「見たくない!まっくらだ。何も見えない。」「いや、見えるぞ、何もかもウソでぬりかためられた世界が・・・。」「何も言うな何もかも見たくないんだ!」 …続きを読む
    ななつ
    2015年12月30日
    61人がナイス!しています
  • 雑誌で寺山のドキュメントをしていたので再読。なるほど、確かに彼は言葉の人だ。彼にとっては物語のために言葉があるのではなくて、言葉のために物語をねつ造するのだという。それを踏まえて『さらば、映画よ』を読 雑誌で寺山のドキュメントをしていたので再読。なるほど、確かに彼は言葉の人だ。彼にとっては物語のために言葉があるのではなくて、言葉のために物語をねつ造するのだという。それを踏まえて『さらば、映画よ』を読んでみれば、そこにいる舞台の人物は言葉の「代理人」ともいえる。言葉が代理人を使って語っているのだ。そんな嘘だらけの物語の中から、寺山の本当の言葉を探してみるのもまた一興。そういう読み方もありだなと思った。 …続きを読む
    里愛乍
    2016年05月11日
    51人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品