角川文庫

殺し屋たちの烙印

煌めきの初期短編集。大藪文学のポテンシャルが

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041362969

角川文庫

殺し屋たちの烙印

煌めきの初期短編集。大藪文学のポテンシャルが

  • 著者 大藪 春彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041362969

煌めきの初期短編集。大藪文学のポテンシャルが

ここの描かれたものは犯罪ではない。野望に歌である。目的のためには何にも屈しない闘う者たちの魂の叫びである。欺瞞に満ちた現実に鬱屈し運命の扉を叩く男たちの、静かな怒りの炎、その輝きである--。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「殺し屋たちの烙印」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短篇集。「苦い罠」という作品で、主人公が支給されたリヴォルヴァーから弾を取り出して「軽すぎるのだ。火薬を抜いてあるに違いない。」というシーンがなんか、とっても、恰好良かった。銃も車もバイクも描写がマニ 短篇集。「苦い罠」という作品で、主人公が支給されたリヴォルヴァーから弾を取り出して「軽すぎるのだ。火薬を抜いてあるに違いない。」というシーンがなんか、とっても、恰好良かった。銃も車もバイクも描写がマニアックな感じもするけどかと言って無駄な描写という訳でないのがすごい。主人公が欲望に忠実なのにどこかストイックな感じがするのがハードボイルドだと思った。 …続きを読む
    スズマヨ
    2014年05月17日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品