角川文庫

蘇える金狼 完結篇

昼は平凡なサラリーマン、しかし夜は反逆の一匹狼。読者リクエスト復刊!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041079294
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

蘇える金狼 完結篇

昼は平凡なサラリーマン、しかし夜は反逆の一匹狼。読者リクエスト復刊!

  • 著者 大藪 春彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041079294

昼は平凡なサラリーマン、しかし夜は反逆の一匹狼。読者リクエスト復刊!

昼は平凡なサラリーマン、しかし夜には組織へ反逆の牙を剥く一匹の狼。朝倉哲也は、鍛え上げられた肉体と天才的頭脳を武器に、大企業や暴力団に次々と挑んでいく。ついに掴んだ栄光の果てに彼が見たものは。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「蘇える金狼 完結篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「完結篇」でも相変わらずの暴れ振り。死体が何体増えるのか、数え切れないです。野望は徐々に達成に向かうが、少々長いかな。物語の性質上途中で躓く事は考え辛く、最後はどうなるのか?、に興味は絞られる。それで 「完結篇」でも相変わらずの暴れ振り。死体が何体増えるのか、数え切れないです。野望は徐々に達成に向かうが、少々長いかな。物語の性質上途中で躓く事は考え辛く、最後はどうなるのか?、に興味は絞られる。それでは、この終盤の展開からのラストシーンをどう見るか。成功しても破滅しても、読者それぞれに思う所有るでしょうが、個人的には逆だったかなー(笑)。貧富の差を乗り越える為の持たざる者の戦い、手段はともかく熱い時代の熱い男の物語だった。 …続きを読む
    森オサム@ゲームに飽きたんで読書中
    2019年04月21日
    47人がナイス!しています
  • 再読。大薮春彦みたいな小説を読みたいなあと思ったら、大薮春彦を読むしかないってことなんだ。 再読。大薮春彦みたいな小説を読みたいなあと思ったら、大薮春彦を読むしかないってことなんだ。
    たくぞう
    2019年04月07日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品