戦争のリアル Disputationes PAX JAPONICA

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年03月03日
判型:
B6変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784757741447

戦争のリアル Disputationes PAX JAPONICA

  • 著者 押井 守
  • 著者 岡部 いさく
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年03月03日
判型:
B6変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784757741447

戦争を描き続けた男・押井守と戦争を語り続けてきた男・岡部いさくが<戦争の本質>に迫る!

メディアミックス情報

NEWS

「戦争のリアル Disputationes PAX JAPONICA」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 挫折。映画監督押井守と軍事評論家岡部いさくの対談。押井の軍オタぐあいとその饒舌ぶりに驚愕するが途中でもういいと感じた。兵器の話を立て続けにバラバラと語られてもだからどうしたと言いたくなる。自分も軍オタ 挫折。映画監督押井守と軍事評論家岡部いさくの対談。押井の軍オタぐあいとその饒舌ぶりに驚愕するが途中でもういいと感じた。兵器の話を立て続けにバラバラと語られてもだからどうしたと言いたくなる。自分も軍オタだがそういう会話とかはもう卒業してるし、そこからプラスの何かが無いので、延々と細かい話を聞かされてもうんざりしてしまった。酒を呑みながら横で聞く分には面白いかもしれないが文字で読むほどではない。 …続きを読む
    harass
    2016年08月09日
    47人がナイス!しています
  • 押井守の軽空母&ハリアー推しがとにかく印象に残る。小銃から軍艦までどの兵器に関する意見でも、押井の考えには一貫性があり、二つの原則が読み取れる。第一、兵器はそれを使う兵士に似合うものでなければならない 押井守の軽空母&ハリアー推しがとにかく印象に残る。小銃から軍艦までどの兵器に関する意見でも、押井の考えには一貫性があり、二つの原則が読み取れる。第一、兵器はそれを使う兵士に似合うものでなければならないこと。これは映画監督の職業病に違いない。第二、常に具体的な状況を想定していること。これも仕事ゆえだろう。兵器が使われる映像を想像して考えている。なんとなく世界標準の装備を揃える傾向にある防衛省とは真逆だ。第三、兵士に勝てそうだという気分にさせるカッコいい兵器が必要だということ(ただし、実用性は別問題)。 …続きを読む
    ウラー
    2020年01月12日
    2人がナイス!しています
  • 89式小銃から始まって軽空母で終わるという、ひたすら各論についての語りに徹することで「戦争のリアル」を導き出すという企画は面白いんだが、ちょっとマニアック過ぎて今の自分には消化しきれず。研鑽を積んで出 89式小銃から始まって軽空母で終わるという、ひたすら各論についての語りに徹することで「戦争のリアル」を導き出すという企画は面白いんだが、ちょっとマニアック過ぎて今の自分には消化しきれず。研鑽を積んで出直してきます。それにしても、「戦争というのは、とにかく人類最大のイベントであり、人間の歴史そのものでもあり、誤解を恐れずに言うなら、これほど面白いものはないわけですが」などと語る押井守は、もはや戦争キチガイという他ないw …続きを読む
    肉欲棒太郎
    2017年06月04日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品