紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784044072049
label

紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2009年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784044072049

一条天皇の中宮彰子(藤原道長の娘)に仕えていた折の宮廷生活の記録。

平安時代の宮廷生活を活写する回想録。華麗な生活に溶け込めない紫式部の心境描写や、同僚女房やライバル清少納言への冷静な評価などから、当時の後宮が手に取るように読み取れる。道長一門の栄華と彰子のありさまが鑽仰の念をもって描かれ、後宮改良策など、作者が明確に意見を述べる部分もある。話しことばのような流麗な現代語訳、幅広い話題の寸評やコラムによる、『源氏物語』成立の背景を知るためにも最適の入門書。 平安時代の宮廷生活を活写する回想録。華麗な生活に溶け込めない紫式部の心境描写や、同僚女房やライバル清少納言への冷静な評価などから、当時の後宮が手に取るように読み取れる。道長一門の栄華と彰子のありさまが鑽仰の念をもって描かれ、後宮改良策など、作者が明確に意見を述べる部分もある。話しことばのような流麗な現代語訳、幅広い話題の寸評やコラムによる、『源氏物語』成立の背景を知るためにも最適の入門書。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

はじめに

一 出産まで
 1 「その日」を待つ道長邸
 2 健気な中宮
 3 緊張の加持祈祷体制
 4 朝霧の庭の道長
 5 頼通 物語のような君
 6 宰相の君──うたた寝姿は物語のヒロインにも似て
 7 道長の妻・倫子のねぎらい

二 敦成親王誕生
 1 いよいよ出産
 2 若宮誕生
 3 心模様それぞれ

三 豪華な祝い事
 1 五日の祝い
 2 彰子の姿
 3 喜びの道長
 4 菊を見ても
 5 行幸の日
 6 行幸の名誉
 7 五十日の祝い
 8 鶴の齢
 9 源氏物語の新本仕立て
 10 物語の思い出

四 一条院内裏へ
 1 紫式部の女房席次
 2 五節の童女たち
 3 左京の君をからかう
 4 暮れゆく年
 5 大晦日の事件

五 消息体
 1 彰子女房をご紹介
 2 「彰子後宮女房がた、もっと風情を」!
 3 中宮のご気性
 4 引っ込み思案の弊害
 5 三才女批評
 6 ひとそれぞれ
 7 本当の教養
 8 「消息体」の終わり

六 年次不明の記録たち
 1 道長と『源氏物語』

七 寛弘七年記録部分
 1 敦良親王の五十日の祝い

解説
 作者、紫式部
 紫式部日記の世界
 紫式部関係系図
 彰子関係系図
 紫式部日記関係年表
『紫式部日記』の注釈書

コラム
 重圧の中の9年間
 藤原道長
 公卿(上達部)とは?
 摂関政治(外祖父摂政への道)
 女房稼業の大変さ
 五節の舞姫

同じシリーズの作品

「紫式部日記 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『源氏物語』の中にある陰翳や愁いの立ち込める雰囲気に惹きつけられていた。全文を読んだことはないのだが、一部を読んでもあの独特の感じは伝わってくる。それは多分「もののあはれ」だろう。『紫式部日記』を読む 『源氏物語』の中にある陰翳や愁いの立ち込める雰囲気に惹きつけられていた。全文を読んだことはないのだが、一部を読んでもあの独特の感じは伝わってくる。それは多分「もののあはれ」だろう。『紫式部日記』を読むと、『源氏物語』の「もののあはれ」は、作者紫式部の生き方の反映であることがよく分かる。夫を亡くして、慣れない宮中勤めをする苦労、日記の中に出てくる彼女の苦しさ。「水鳥を水上とやそよに見むわれも浮きたる世をすぐしつつ」日記の中に出てくるこの歌の中で、水鳥にたとえて、自分の人生の苦しさを表現している。→ …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2016年12月16日
    114人がナイス!しています
  • 紫式部、こんなに辛辣な人だったとは・・・。やはり昔から女性が集まるところにはいろいろあるのだなあ。 紫式部、こんなに辛辣な人だったとは・・・。やはり昔から女性が集まるところにはいろいろあるのだなあ。
    佐島楓
    2016年03月01日
    51人がナイス!しています
  • [日本の古典を読む第四回]のイベントより。紫式部といえば「源氏物語」ですが、そんな彼女は宮仕えしていた女性でも有名。仕え始めた時の気おくれにはびっくりです。本書は全て書かれているわけではないので『消息 [日本の古典を読む第四回]のイベントより。紫式部といえば「源氏物語」ですが、そんな彼女は宮仕えしていた女性でも有名。仕え始めた時の気おくれにはびっくりです。本書は全て書かれているわけではないので『消息体』のところとか後で足されたものかもしれない。 …続きを読む
    ゆずきゃらめる*平安時代とお花♪
    2017年04月30日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品