角川文庫

みぞれ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784043646067
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

みぞれ

  • 著者 重松 清
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784043646067

父ちゃん、生きていることは楽しい――? 暖かな涙が頬を伝う珠玉の短編集

思春期の悩みを抱える十代。社会に出てはじめての挫折を味わう二十代。仕事や家族の悩みも複雑になってくる三十代。そして、生きる苦みを味わう四十代――。人生折々の機微を描いた短編小説集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「みぞれ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 雑誌掲載短編11話。拝啓ノストラダムス様、正義感モバイル、電光セッカチ、砲丸ママ、遅霜おりた朝、石の女、メグちゃん危機一髪、へなちょこ立志伝、望郷波止場、ひとしずく、みぞれ。現代の、思い詰めた人々と、 雑誌掲載短編11話。拝啓ノストラダムス様、正義感モバイル、電光セッカチ、砲丸ママ、遅霜おりた朝、石の女、メグちゃん危機一髪、へなちょこ立志伝、望郷波止場、ひとしずく、みぞれ。現代の、思い詰めた人々と、冷めた人々。うまく混合して描写し均衡を図る。家族、学園、日常生活。あとがきに、世間話との言葉。1999 年から2006年までのサンデー毎日(6)、小説現代(2)、別冊文藝春秋(2)、野生時代(1)。雑誌、年代がばらついている。題材、方向性の鋭さに違いがあるかも。発見角川。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年10月15日
    178人がナイス!しています
  • 普通の人が抱える問題、普通の人の哀しみ、苦しみ、悩みを描いた11の短編。11の物語の中には自分に置き換えて胸に迫る話もあるし、そうでなくともありそうな話として登場人物の気持ちを汲み取って「わかるなー 普通の人が抱える問題、普通の人の哀しみ、苦しみ、悩みを描いた11の短編。11の物語の中には自分に置き換えて胸に迫る話もあるし、そうでなくともありそうな話として登場人物の気持ちを汲み取って「わかるなー」と感情移入することも多いだろう。そして重松氏の小説の常として、読み終えた後に何かしらの救いがあるのだ。それは重松氏が登場人物に注ぐ温かいまなざし故のことだろう。おそらく重松氏は人(たとえそれが欠点の多い普通の人であっても)の心の底にある善意を信じているから、あるいは信じようと決意しているからだと思う。 …続きを読む
    佐々陽太朗(K.Tsubota)
    2015年10月02日
    161人がナイス!しています
  • 岡山県出身の作家さん。「流星ワゴン」もそうですが、人生をテーマにしたちょっと重たい作風の人というイメージ。だけど、20代の私にも共感できる部分はありました。この作品は短編集。私が特に好きだったのはみぞ 岡山県出身の作家さん。「流星ワゴン」もそうですが、人生をテーマにしたちょっと重たい作風の人というイメージ。だけど、20代の私にも共感できる部分はありました。この作品は短編集。私が特に好きだったのはみぞれ。幼い時強かった父が脳梗塞により、どんどん弱っていく姿に戸惑う男の人の話。朝から学校の前に涙を流してしまいました。身体的、精神的にも強かった父の弱い部分を垣間見ると思ったら戸惑うし、可哀想だなと思う。後悔もする。最後にはしゃべれない父がしゃべるシーンに泣いてしまった。 …続きを読む
    藤井寛子
    2015年12月09日
    133人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品