パンク侍、斬られて候

パンク侍、斬られて候 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2007年06月01日
商品形態:
電子書籍

パンク侍、斬られて候

  • 区分表記なし 町田 康
発売日:
2007年06月01日
商品形態:
電子書籍

「腹ふり党」と称する新宗教がもたらす厄災とは!? すべての常識を覆す、空前絶後の傑作時代小説

江戸時代。ある晴天の日。街道沿いの茶店に腰かけていた牢人は、そこにいた、盲目の娘を連れた巡礼の老人を、抜く手も見せずに太刀を振りかざし、ずばりと斬り捨てた。居合わせた藩士に理由を問われた牢人・掛十之進は、かの老人が「腹ふり党」の一員であり、この土地に恐るべき厄災をもたらすに違いないから事前にそれを防止した、と言うのだった……。圧倒的な才能で描かれる諧謔と風刺に満ち満ちた傑作時代小説!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「パンク侍、斬られて候」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 語り口調が似ているところから「ギケイキ」と同じ流れかと思ったが、これはパンクなサムライの時代SF。物事を考える道理は、屁理屈、刀技を経て、爆発する。そして因果応報。左遷された先でめげずにいた事がこんな 語り口調が似ているところから「ギケイキ」と同じ流れかと思ったが、これはパンクなサムライの時代SF。物事を考える道理は、屁理屈、刀技を経て、爆発する。そして因果応報。左遷された先でめげずにいた事がこんなふうな役にたつとはね。期待してとりかからず、へんな面白いの読んでやろうぞ!くらいの気持ちで手に取るのがおすすめ。 …続きを読む
    ケイ
    2019年04月06日
    138人がナイス!しています
  • 新興宗教の(腹ふり)に踊り狂う愚民達。保身に明け暮れる武士。糞尿に覆われ首が飛び、血潮が降りかかる!勢いのある文章は時代を超える。アァー面白かった!猫エッセイ完読後、初めての町田さん小説。読んでいる途 新興宗教の(腹ふり)に踊り狂う愚民達。保身に明け暮れる武士。糞尿に覆われ首が飛び、血潮が降りかかる!勢いのある文章は時代を超える。アァー面白かった!猫エッセイ完読後、初めての町田さん小説。読んでいる途中に映画化された事を知った。はてさてどんな映画になることやら〜読者を選ぶ最たる小説かと。いやぁ〜ほんと凄かった〜! …続きを読む
    ペグ
    2018年07月10日
    99人がナイス!しています
  • 時代小説の体裁で描かれているが、外来語が普通に使われるし、会話も現代語で、あえて言うと、立川談志のイリュージョン落語みたいな本。実際に、落語の一説も出て来る。パンクな純文学で、格好良い。後半、引っ張り 時代小説の体裁で描かれているが、外来語が普通に使われるし、会話も現代語で、あえて言うと、立川談志のイリュージョン落語みたいな本。実際に、落語の一説も出て来る。パンクな純文学で、格好良い。後半、引っ張り過ぎで、読んでいてつらい所もあったけど、読み終えてみて、大満足でした。 …続きを読む
    抹茶モナカ
    2016年06月07日
    93人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品