紗央里ちゃんの家

第13回 日本ホラー小説大賞 長編賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784043901012

第13回 日本ホラー小説大賞 長編賞

紗央里ちゃんの家

  • 著者 矢部 嵩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784043901012

選考委員仰天の第13回日本ホラー小説大賞長編賞、待望の文庫化!

祖母が風邪で死んだと知らされた小学5年生の僕。叔母夫婦の家からは従姉の紗央里ちゃんの姿も消え、叔母たちの様子はどこかおかしい。僕はこっそり家中を探し始める。第13回日本ホラー小説大賞長編賞受賞。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「紗央里ちゃんの家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なんだろう、この胸のざわつき。夏休み恒例の従姉妹の紗央里ちゃんの家へのお泊まり。その前に叔母からおばあちゃんが数ヶ月前に死んだと不可解な電話がある。家のなかに紗央里ちゃんはおらず家出したと叔母たちは心 なんだろう、この胸のざわつき。夏休み恒例の従姉妹の紗央里ちゃんの家へのお泊まり。その前に叔母からおばあちゃんが数ヶ月前に死んだと不可解な電話がある。家のなかに紗央里ちゃんはおらず家出したと叔母たちは心配する様子もない…そんな中人間の指と歯を見つける。誰のもの、おばあちゃん?紗央里ちゃん?叔母夫婦の狂気、毎食のカップ焼きそばと頭の中は疑問符だらけ。突然現れた紗央里ちゃん、帰りの車での父の狂気、おじいちゃんは?その後の紗央里ちゃんは?ますます疑問符だらけ。恐怖と笑いの両立性、それがまた不思議と怖い。 …続きを読む
    モルク
    2018年04月22日
    64人がナイス!しています
  • 句読点がなくて読みにくい、いきなりルビがふえる、擬音や口語の羅列がくどい。視覚にまで影響を受けてとにかく読んでいて気持ちが悪い。読後感も悪い。性格破綻している家族や親戚に比べると、貴志祐介さんの『黒い 句読点がなくて読みにくい、いきなりルビがふえる、擬音や口語の羅列がくどい。視覚にまで影響を受けてとにかく読んでいて気持ちが悪い。読後感も悪い。性格破綻している家族や親戚に比べると、貴志祐介さんの『黒い家』の菰田幸子の方が感情が出る分まだまともに感じてしまう。忘れないだろうな、この小説は。この気持ちの悪さが作者に嵌められたということか。この本、凄いのか? …続きを読む
    Bugsy Malone
    2016年03月25日
    60人がナイス!しています
  • 読メレビュで気になったこの作家の作品を探して読む。第十四回角川ホラー小説大賞長編賞受賞作。小学五年生の主人公は夏休みに父の実家に数日泊まる旅行をする。毎年のことだが今年は少し違うところがある…… 主人 読メレビュで気になったこの作家の作品を探して読む。第十四回角川ホラー小説大賞長編賞受賞作。小学五年生の主人公は夏休みに父の実家に数日泊まる旅行をする。毎年のことだが今年は少し違うところがある…… 主人公視点での展開で童話のような文体でグロい。人物たちの動機が明確な理由付けが無くあっても取ってつけたようなもの。残虐だがシュールで変な味がある。徹底して狂気ばかりでツッコミ不在の曖昧な意味の真空の恐怖。とりあえず集中してこの作家を読んでいきたい。 …続きを読む
    harass
    2017年01月27日
    58人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品