夜明けの縁をさ迷う人々

もし彼が零れ落ちそうになったら、私が受け止めてあげようーー珠玉の作品集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784048737920

夜明けの縁をさ迷う人々

もし彼が零れ落ちそうになったら、私が受け止めてあげようーー珠玉の作品集

  • 著者 小川 洋子
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784048737920

もし彼が零れ落ちそうになったら、私が受け止めてあげようーー珠玉の作品集

風変わりな曲芸師と野球少年の友情、放浪の涙売りの恋、エレベーターで生まれたE.Bの生涯.、老嬢が語る作家だった祖父の形見の話……どこか奇妙ですこし哀しい人々を、手のひらですくうように描いた、珠玉の作品

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜明けの縁をさ迷う人々」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 書名が表すとおり、さ迷う人々の物語。そして、この一冊は匂い(臭いが似合いか)がする。例えば部屋を埋め尽くす花や食べ物。そこから微かに漂う死臭。半死半生のカラス。謎の生き物「サンバカツギ」。ミックスジュ 書名が表すとおり、さ迷う人々の物語。そして、この一冊は匂い(臭いが似合いか)がする。例えば部屋を埋め尽くす花や食べ物。そこから微かに漂う死臭。半死半生のカラス。謎の生き物「サンバカツギ」。ミックスジュース。懐かしいパラソルチョコレート。カレーライス……その匂いの中で正気を逸して自分自身の縁をあちらへこちらへと行き来する人、幻を見続ける人、場所に捕らわれてでたとたんに消えてしまう人。怖くて痛ましくて少し切なく愚かしい。最初と最後が野球のお話。それとパラソルチョコレートが好きだった。 …続きを読む
    chimako
    2015年02月28日
    73人がナイス!しています
  • この手の不思議素敵系なお話を描かせたら、小川洋子の右に出る者はいないと思う。どの話も不思議で、お洒落でたまらない短編集でした。 この手の不思議素敵系なお話を描かせたら、小川洋子の右に出る者はいないと思う。どの話も不思議で、お洒落でたまらない短編集でした。
    カピバラ
    2016年06月05日
    52人がナイス!しています
  • タイトルが素敵。タイトルの文が出てくるのは≪再試合≫ラスト。野球が出てくると詳しくないからいつも構えちゃうんだけど、何かSFちっくで哀愁漂うような感じだった。どの話も読む人の想像力が鍛えられる気がする タイトルが素敵。タイトルの文が出てくるのは≪再試合≫ラスト。野球が出てくると詳しくないからいつも構えちゃうんだけど、何かSFちっくで哀愁漂うような感じだった。どの話も読む人の想像力が鍛えられる気がするし、すごく静かでどこか物寂しげな文体で奇妙奇天烈なことが語られる雰囲気が本当に好きだ。≪お探しの物件≫の丸い家に興味あるなぁ。誰にも理解されなくとも自分だけの安らげる空間/世界観を持っていたい。≪涙売り≫はまるで人魚姫みたいな結末。≪ラ・ヴェール嬢≫が語った物語が真実か否か、それを語った真意が気になる…。 …続きを読む
    MINA
    2016年02月17日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品