強いられる死 自殺者三万人超の実相

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年04月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046213778
ニコカド祭り2020

強いられる死 自殺者三万人超の実相

  • 著者 斎藤 貴男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年04月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046213778

自己責任?運命?否!自殺は社会的他殺である。不健全社会の実像に迫る!

10年間連続で年間3万人を超える自殺者を出す「自殺大国日本」。なぜ、これほどまでの自殺者を日本は出しているのか? 自殺を「社会的に強いられる死」という視点から探り、日本の病巣に迫った渾身の問題作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「強いられる死 自殺者三万人超の実相」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自殺する人が増えているというより自殺に追い込まれている人が増えているそうだ。規制緩和や構造改革の名の下、弱者にはとても生きづらい世の中になっていることをこの本で改めて知ることが出来た。年間3万人を超え 自殺する人が増えているというより自殺に追い込まれている人が増えているそうだ。規制緩和や構造改革の名の下、弱者にはとても生きづらい世の中になっていることをこの本で改めて知ることが出来た。年間3万人を超える人たちが自殺に追い込まれている。それが10年以上続いていることは異常なことだ。本書にも書かれてい3万人という数字は東京マラソンの参加人数に同じくらい。テレビの報道で見る3万人の走る人達が、道を塞がれ自分の命を絶つと思うと心が痛む。 …続きを読む
    kinkin
    2014年06月11日
    44人がナイス!しています
  • 5年前の本。 読んでいくなかで、税金でアメリカを厚遇し、 肝心の最底辺の日本人の人生を奪う不条理 への怒りが沸々と湧いてくる。 長時間労働、パワハラ、色々な理由で 自殺に追い込まれるのだが、 なぜ多く 5年前の本。 読んでいくなかで、税金でアメリカを厚遇し、 肝心の最底辺の日本人の人生を奪う不条理 への怒りが沸々と湧いてくる。 長時間労働、パワハラ、色々な理由で 自殺に追い込まれるのだが、 なぜ多くの人が巻き込まれるのか。 税金でたらふくいい暮らしをする、 借金を平気でして返す努力をしない役人体質。 これが横行する一方で、 個人が自殺に追い込まれるのはやりきれない。 第2章の郵政民営化による過労、厳しい現場で お亡くなりになる人もいるのがわかる。 …続きを読む
    壱萬弐仟縁冊
    2014年04月27日
    28人がナイス!しています
  • 毎年3万人ものこうした壮絶な感情と戦った人々を生産し続けている日本社会は、潜伏期間の自殺者も含めて、ものすごい生きづらいウィルスを孕んでいるように思えて、他人事と片付けていることの恐ろしさを感じた 毎年3万人ものこうした壮絶な感情と戦った人々を生産し続けている日本社会は、潜伏期間の自殺者も含めて、ものすごい生きづらいウィルスを孕んでいるように思えて、他人事と片付けていることの恐ろしさを感じた
    みゃーこ
    2012年08月15日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品