ぼくの手はきみのために

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048737517

ぼくの手はきみのために

  • 著者 市川 拓司
  • カバーイラスト 木内 達朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048737517

『いま、会いにゆきます』の著者の新たなる代表作の誕生!

いたわりあい、喜びも苦しみも分かち合って生きている無器用な二つの心――。表題作ほか全3篇を通して、切なく、温かい魂の結び付きが描かれる。優しさと強さに心が満たされていく、“深愛”の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくの手はきみのために」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 三話ともふわふわしていて主旨が今ひとつ汲み取れなかった。コンセプト不明。 三話ともふわふわしていて主旨が今ひとつ汲み取れなかった。コンセプト不明。
    takaC
    2013年11月27日
    51人がナイス!しています
  • 小さい頃僕は幼馴染の聡美のあとを付いて回っていて、聡美から離れて一日を過ごすことが耐えられなかった・・「ぼくの手はきみのために」。彼の第一印象は無害そうだという安心感だった。そしてあることをきっかけに 小さい頃僕は幼馴染の聡美のあとを付いて回っていて、聡美から離れて一日を過ごすことが耐えられなかった・・「ぼくの手はきみのために」。彼の第一印象は無害そうだという安心感だった。そしてあることをきっかけに軽い付き合いが始まり・・「透明な軌道」。長屋での暮らしは決して裕福ではなかったが、甥との二人暮らしはそう悪くないもので・・「黄昏の谷」の全3話。この本を読むと大好きな人にギュッと抱きしめてもらいたくなりました。ここまでお互いの存在を求め合える人を見つけることができた彼らは幸せだなと思う。★★★ …続きを読む
    うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)
    2011年12月29日
    32人がナイス!しています
  • 以前、図書館の本棚を見て回っているときにタイトルが目についてチェックしていた本。「そのときは彼によろしく」がよかったので、続けてこの本を読んでみることに。3作の短編でしたが、どのお話も「愛情」ではなく 以前、図書館の本棚を見て回っているときにタイトルが目についてチェックしていた本。「そのときは彼によろしく」がよかったので、続けてこの本を読んでみることに。3作の短編でしたが、どのお話も「愛情」ではなく「愛」が描かれていて、やさしく、一途な結びつきを感じました。たくさんの人の中でパズルのピースみたいにかっちりはまり合うような、そんな結びつき。ただ、どの作品も最後をバタバタまとめたような感じも受けて、「黄昏の谷」については、その設定は必要だったのかなという感じもしました。 …続きを読む
    2014年07月27日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品