きみが見つける物語 ティーンエイジ・レボリューション

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048740494

きみが見つける物語 ティーンエイジ・レボリューション

  • 著者 あさの あつこ
  • 著者 魚住 直子
  • 著者 角田 光代
  • 著者 笹生 陽子
  • 著者 森 絵都
  • 著者 椰月 美智子
  • イラスト 宮尾 和孝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年04月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048740494

極上の青春小説アンソロジー。

十代の頃に出会った人、別れた人。はじめたこと、やめてしまったこと……。少年少女小説の名手たちが綴る、極上の青春小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「きみが見つける物語 ティーンエイジ・レボリューション」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 10代のうちにこんな冒険できるのかな。年を取ってから振り返ってみると、自分も冒険していたんだと思えるといいな。『世界の果ての先』一度しか行けない世界の果て。寂しい。『電話かかってこないかな』面白い。ツ 10代のうちにこんな冒険できるのかな。年を取ってから振り返ってみると、自分も冒険していたんだと思えるといいな。『世界の果ての先』一度しか行けない世界の果て。寂しい。『電話かかってこないかな』面白い。ツッコみどころが多くて楽しい。『赤土を暴走』すごくショッキングで、一番好きな話かもしれない。一度崩れるともう止まらない。悲しい。『十九の頃』綺麗すぎて妬ましい。だけど素敵。『17レボリューション』イヅモのキャラが好き。良い友情。ハッピーエンドで最高。 …続きを読む
    ミロリ
    2014年10月29日
    29人がナイス!しています
  • 痛くて切なく美しい十代の日々を描くアンソロジー。「世界の果ての先」幼馴染と結婚するつもりでいたが、父と相手の母が駆け落ちする(角田光代)「薄桃色の一瞬に」親友藍子の幼馴染に恋心を持つ絵美。藍子が火事で 痛くて切なく美しい十代の日々を描くアンソロジー。「世界の果ての先」幼馴染と結婚するつもりでいたが、父と相手の母が駆け落ちする(角田光代)「薄桃色の一瞬に」親友藍子の幼馴染に恋心を持つ絵美。藍子が火事で死ぬ(あさのあつこ)「電話かかってこないかな」転校したオタク女子からデートのお誘い(笹生陽子)「赤土を爆走」陰キャラな桐子が存在理由を見出した結末(魚住直子)「十九の頃」19歳の時の恋の思い出(椰月美智子)「17レボリューション」恋人に流れそうになる自分を戒めるため、地味な親友と絶交してみる(森絵都) …続きを読む
    horihori
    2021年01月21日
    26人がナイス!しています
  • 綺麗な表紙に惹かれて✨初読み作家さんが多かったけれど、とても読みやすかったです。 あさのあつこさん『薄桃色の一瞬に』 椰月美智子さん『十九の頃』 切なすぎる。 魚住直子さん 『赤土を爆走』ラストが 綺麗な表紙に惹かれて✨初読み作家さんが多かったけれど、とても読みやすかったです。 あさのあつこさん『薄桃色の一瞬に』 椰月美智子さん『十九の頃』 切なすぎる。 魚住直子さん 『赤土を爆走』ラストが衝撃的。 10代の時に感じたもどかしさ、不安、苛立ち、葛藤など色々な気持ちを上手く表現しているなと感じました。 …続きを読む
    Heart place
    2017年09月06日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品