テロリストのパラソル

1994年 第41回 江戸川乱歩賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043847013

1994年 第41回 江戸川乱歩賞

テロリストのパラソル

  • 著者 藤原 伊織
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043847013

史上唯一の、直木賞&江戸川乱歩賞ダブル受賞作!

新宿に店を構えるバーテンの島村。ある日、島村の目の前で犠牲者19人の爆弾テロが起こる。現場から逃げ出した島村だったが、その時置き忘れてきたウイスキー瓶には、彼の指紋がくっきりと残されていた……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「テロリストのパラソル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 直木賞】乱歩賞】登場人物は魅力的。爆弾ごと乗せた車のブレーキが壊れていたために烙印を押され大学を去る。ボクシングを経て、アル中の飲食店長。新宿中央公園での爆発。昔、同居していた女性が死ぬ。その娘から彼 直木賞】乱歩賞】登場人物は魅力的。爆弾ごと乗せた車のブレーキが壊れていたために烙印を押され大学を去る。ボクシングを経て、アル中の飲食店長。新宿中央公園での爆発。昔、同居していた女性が死ぬ。その娘から彼女の短歌を知る。「殺むるときもかくなすらむかテロリスト蒼きパラソルくるくる回すよ」。怪しそうな元警官も出色。テロリストは主人公ではなく爆弾を作った知人。推理小説としての複雑さはある。後味はややよくない。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2015年06月15日
    154人がナイス!しています
  • ★★☆ 冒頭でスケールの大きな事件が起こるけど、あとは淡々と沈着に物語は進んでいく。そしてクライマックスも尻すぼみ。直木賞ってだけで期待値が上がったのもあるけど、ワンパンチ足りない印象は拭えず。 ★★☆ 冒頭でスケールの大きな事件が起こるけど、あとは淡々と沈着に物語は進んでいく。そしてクライマックスも尻すぼみ。直木賞ってだけで期待値が上がったのもあるけど、ワンパンチ足りない印象は拭えず。
    やっさん
    2016年04月16日
    122人がナイス!しています
  • 当たり前だけど、テロリストって迷惑以外の何者でもないな。結局どんな非道なことも躊躇わずにやってしまう自分を自身で始末することができず、一番信頼する反面一番憎んだ親友に押し付けたということだろうね。頭が 当たり前だけど、テロリストって迷惑以外の何者でもないな。結局どんな非道なことも躊躇わずにやってしまう自分を自身で始末することができず、一番信頼する反面一番憎んだ親友に押し付けたということだろうね。頭が良いが人間的に未発達で甘えた奴は始末が悪いなぁ☆余談ですが、菊地さんはちょっと刑務所でも行ってアル中を治してくれば良いと私は思うよ。 …続きを読む
    hirune
    2015年10月12日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品