恩寵

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048739023
ニコカド祭り2020

恩寵

  • 著者 ほしお さなえ
  • 画 宇田川 新聞
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048739023

一人の女性の心の成長が、やがて大きな世界を変えていく感動の物語。

植物の刺繍をする女性・風里が越してきた古い一軒家の庭の井戸には、切ない物語が秘められていた。彼女の新しい恋と仕事を浸食するもつれた過去を、解きほぐすことはできるのか。現在と過去の愛が織りなす感動長編!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「恩寵」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ふらりと行った公園の外れの古い一軒家に何故か惹かれた風里は住むことになる、そこで夢で見た場所にたどり着くと大学付属の植物園だった、植物園のアルバイトを通し次ぎ次と巡り合う人たち、借りた家は実は離れで崖 ふらりと行った公園の外れの古い一軒家に何故か惹かれた風里は住むことになる、そこで夢で見た場所にたどり着くと大学付属の植物園だった、植物園のアルバイトを通し次ぎ次と巡り合う人たち、借りた家は実は離れで崖の上にはその母屋がありそこで暮らしていた少女の物語も挿入されていく中、様々な事が繋がって行ってしまう、書道家や建築家、特別な才能を持つ人間の苦悩、捕らわれてしまう家族や友人たち、親と子、生と死、現生の命は過去から未来へと引き継がれていく。とても美しく読み終わってため息が出る素敵な作品でした。 …続きを読む
    みかん🍊
    2020年06月25日
    94人がナイス!しています
  • 「産毛を抱いて、くるくる巻いた新芽」「冬の木の裸の枝のすべすべした肌そのものがうつくしい」「春の匂いがする、いきものの身体から、なにかが溶け出していってるんだ」こんな作者の表現が好き。木や花や草は、ず 「産毛を抱いて、くるくる巻いた新芽」「冬の木の裸の枝のすべすべした肌そのものがうつくしい」「春の匂いがする、いきものの身体から、なにかが溶け出していってるんだ」こんな作者の表現が好き。木や花や草は、ずっと昔から繋がってきてます。人も祖先から繋がってきてます。読み友さんとも、遠い親戚とか、友だちの友だちとかで、つながってるのかもって思わせてくれる作品でした。 …続きを読む
    のんき
    2017年12月24日
    88人がナイス!しています
  • ちょっとダークなファンタジー小説。 草が生い茂る古民家に移り住んだ風里(ふうり・28)と、有名な書家の娘・葉(よう・中1)の視点で語られるが、二人の接点が全く読めず。途中から時代背景も違う事に気付き更 ちょっとダークなファンタジー小説。 草が生い茂る古民家に移り住んだ風里(ふうり・28)と、有名な書家の娘・葉(よう・中1)の視点で語られるが、二人の接点が全く読めず。途中から時代背景も違う事に気付き更に混乱。いかに好きな作家さんと言えども、これはちょっと合わないかなー?って思いながら2/3以上読んで、ようやく全体が見えて来た。終始曇天のような、仄暗い水の底を覗いているような雰囲気だが、風里が人生の岐路で大きな決断をした時に陽が差した。やはり女性は強い生き物だなーと再認識。図書館本ですが、再読します。 …続きを読む
    ポップノア
    2018年10月31日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品