哀愁的東京

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043646043

哀愁的東京

  • 著者 重松 清
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043646043

「今日」の哀しさから始まる「明日」の光を描く連作長編。

破滅を目前にした起業家、人気のピークを過ぎたアイドル歌手、生の実感をなくしたエリート社員……東京を舞台に「今日」の哀しさから始まる「明日」の光を描く連作長編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「哀愁的東京」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東京ってどんな街ですか?「日本の首都」「豊かで便利な街」「クールジャパンの発信地」「地方出身者の集まり」(「オリンピック開催予定地」)といったところでしょうか。著者曰く「なにかを得ることよりも喪うこと 東京ってどんな街ですか?「日本の首都」「豊かで便利な街」「クールジャパンの発信地」「地方出身者の集まり」(「オリンピック開催予定地」)といったところでしょうか。著者曰く「なにかを得ることよりも喪うことのほうに向いている街」(文庫版へのあとがきより)。出張や旅行から帰って来る度に人口やエネルギー消費の過剰さから「東京って異常なところだよな」と感じさせられている身にはしっくりとくる一作でした。途中、中だるみ感があるのは長い期間で書き継いできた連作長編だからなんですかね。 …続きを読む
    s-kozy
    2013年11月29日
    52人がナイス!しています
  • 大人の本?おじさんの本だな!帰る家がなくたって、家族と別れたって、まっとうな生活が絶対できないことない・・・生きていけるんだな~結構好きな本。 大人の本?おじさんの本だな!帰る家がなくたって、家族と別れたって、まっとうな生活が絶対できないことない・・・生きていけるんだな~結構好きな本。
    NAO
    2015年03月25日
    45人がナイス!しています
  • ★★★★☆近頃疲れているのか、物語の空気感が違和感なさすぎた。いつのまにか、題名を『中年的哀愁』と錯覚していた(^^;) ★★★★☆近頃疲れているのか、物語の空気感が違和感なさすぎた。いつのまにか、題名を『中年的哀愁』と錯覚していた(^^;)
    pdango
    2017年03月27日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品