螺鈿迷宮

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
392
ISBN:
9784048737395

螺鈿迷宮

  • 著者 海堂 尊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
392
ISBN:
9784048737395

「このミス」大賞受賞の新鋭が贈る、最新医療エンタテインメント!

終末期医療の先端施設としてメディアの注目を集める桜宮病院。東城大学の医学生、天馬は看護ボランティアとして桜宮病院に通い始めるが、ある時から疑問を感じる。「この病院、あまりにも人が死にすぎる」と……。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「螺鈿迷宮」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 桜宮篇その1。医学生が主人公で舞台は碧翠院。最後の展開にビックリで面白かった。 桜宮篇その1。医学生が主人公で舞台は碧翠院。最後の展開にビックリで面白かった。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2014年04月20日
    128人がナイス!しています
  • 自殺幇助と終末医療。そして、復讐の物語。文体が若々しくて、読んでいる方が照れる。全体的に、割り切れない現実を描いているので、白鳥調査官が頑張る姿にもスカッと出来ない。この作品を読んで、読書メーターの皆 自殺幇助と終末医療。そして、復讐の物語。文体が若々しくて、読んでいる方が照れる。全体的に、割り切れない現実を描いているので、白鳥調査官が頑張る姿にもスカッと出来ない。この作品を読んで、読書メーターの皆さんの感想を見ていて、海堂尊さんの作品を『桜宮サーガ』と呼ぶのを知りました。 …続きを読む
    抹茶モナカ
    2013年11月23日
    127人がナイス!しています
  • (再読)碧翠院桜宮病院の闇。天馬大吉、別宮葉子を巻き込んだ、桜宮一族vs東城大、白鳥、〝氷姫〟姫宮の医療抗争は、白鳥側の完敗。北へ向かった桜宮の血脈が次の物語を紡ぐこととなります。「生まれ落ちる前、僕 (再読)碧翠院桜宮病院の闇。天馬大吉、別宮葉子を巻き込んだ、桜宮一族vs東城大、白鳥、〝氷姫〟姫宮の医療抗争は、白鳥側の完敗。北へ向かった桜宮の血脈が次の物語を紡ぐこととなります。「生まれ落ちる前、僕たちに意識はない。そして僕たちは必ず死ぬ。膨大な虚無と虚無の間の一瞬の煌めき、それが生だ。たとえその生が、死の前に必ず敗北する儚い一瞬の光芒であったとしても、いや、刹那の瞬きだからこそ、その光は限りなく愛おしい。そしてその光の中で、僕たちは必ず誰かを傷つけ、罪を犯すものなのだ。」[2016-020] …続きを読む
    17
    2016年02月07日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品