試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044601140

神は沈黙せず(下)

  • 著者 山本 弘
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784044601140

超常現象は「神」からのメッセージだった!? 長編エンタテインメント登場

遺伝的アルゴリズムを研究するうち、「神」の意図に理論的に到達してしまった人工生命進化の研究者・和久良輔。「サールの悪魔」という言葉を残し失踪した良輔を追う妹・優歌、彼女がたどり着いた「神」の正体とは!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神は沈黙せず(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 電子書籍。人間にとっての宗教というものの意味。人が信仰する意味。何を善とし、何を悪とするのか。人は信じたいものしか信じない、見たいものしか見ない。神の存在に、人間の存在。政治に宗教。シミュレーションす 電子書籍。人間にとっての宗教というものの意味。人が信仰する意味。何を善とし、何を悪とするのか。人は信じたいものしか信じない、見たいものしか見ない。神の存在に、人間の存在。政治に宗教。シミュレーションする側とされる側。その事実がわかったときに、神とコンタクトをとろうとすることの無意味さを感じる。私たちの生き方を神様はみているの?それに答えてくれるか?神様にとっての人間とは?神様がみているからではなく、自分にとっての善悪やどう生きたいかということ。神は沈黙していない。とってもスケールの大きな世界でした。 …続きを読む
    Rin
    2019年04月14日
    57人がナイス!しています
  • 凄い作品だった。広げきった風呂敷のたたみ方がまた秀逸。ヨブ記の解釈とか創造神は存在するが尊敬に値しないなど納得のいく終わり方。 凄い作品だった。広げきった風呂敷のたたみ方がまた秀逸。ヨブ記の解釈とか創造神は存在するが尊敬に値しないなど納得のいく終わり方。
    ソラ
    2013年09月16日
    56人がナイス!しています
  • ★★★★★ この大きな物語の感想をどこからどう書けばいいのでしょう。既存のあらゆる「常識」を覆すと同時に、モヤモヤした「疑問」に対する答えを投げかけた。と、言うべきか?。コンピュータシミュレーションを ★★★★★ この大きな物語の感想をどこからどう書けばいいのでしょう。既存のあらゆる「常識」を覆すと同時に、モヤモヤした「疑問」に対する答えを投げかけた。と、言うべきか?。コンピュータシミュレーションを根幹にして語られて行く、神、宗教、宇宙、超常現象、超能力、歴史、人種問題、差別、戦争…事実なのかフィクションかなんてもう関係ない。人間は合理性で全て考える。最後に主人公が呼びかけた新しいミーム。今後既存のミームとの生存競争が楽しみだ。読了後、とりあえず旧約聖書のヨブ記を読んでみた。凄い凄い本を読んでしまった。 …続きを読む
    Akira
    2018年03月07日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品