オペラ・フィオーレ 花よ荒野に咲け

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年05月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044514037

オペラ・フィオーレ 花よ荒野に咲け

  • 著者 栗原 ちひろ
  • イラスト THORES柴本
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年05月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044514037

栗原ちひろ×THORES柴本が贈る、大好評シリーズ第3弾!!

死に至る病を負い、永遠を求める薬師カナギの旅は続く。大陸を支配する二大勢力──光魔法教会と闇魔法教会の争いに、徐々に巻きこまれていくカナギたちだが……? 宿命のロード・ノベル第3弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オペラ・フィオーレ 花よ荒野に咲け」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第三幕。カエキリアから闇魔法教会へと。カナギ、ソラ、ミリアンの三人が、仲間として自然になってきた。ミリアンが自分に素直になって、どんどん可愛くなっていく。ソラも、カナギとミリアンに影響されてな シリーズ第三幕。カエキリアから闇魔法教会へと。カナギ、ソラ、ミリアンの三人が、仲間として自然になってきた。ミリアンが自分に素直になって、どんどん可愛くなっていく。ソラも、カナギとミリアンに影響されてなのか、超越した存在から人間味が出てきたというか。闇魔法教会の教主は全くもって食えねえジジイで面白かっただけに残念だ。今後は光魔法教会と闇魔法教会の争いに発展…って事なんだろうか。黒いゆりかごや、ラストに出てきた光魔法教会の教主、ラングレーの言動、物語はますますきな臭い。バシュラール…お前、それでいいのか? …続きを読む
    つたもみじ
    2016年06月10日
    18人がナイス!しています
  • シリーズ第3弾。死にかけ薬師のカナギ、謎めいたソラ、そして幼いながらも暗殺に長け魔導師としても秘められた能力を持つミリアンの三人旅。今回はミリアンのお話。彼女の持つ力とは?そして謎の生い立ちが示す過去 シリーズ第3弾。死にかけ薬師のカナギ、謎めいたソラ、そして幼いながらも暗殺に長け魔導師としても秘められた能力を持つミリアンの三人旅。今回はミリアンのお話。彼女の持つ力とは?そして謎の生い立ちが示す過去は?生きる事に貪欲なカナギの持つ執着心、空虚なソラの自我の芽生え、そしてミリアンの選んだ進む道。今回も面白い展開ではありますが、躍る言葉の連なりにしばしば目が泳ぐ^^なんとも残念な印象のバシュラールにも注目しつつ、楽しく読了。 …続きを読む
    nono
    2018年09月28日
    10人がナイス!しています
  • 3巻。前回で詩人の正体が明らかになったけど、今回はミリアンの出生について、ラストで漸く見えてきた感じ。新キャラのラングレー卿もバシュラールと絡む事によってまたイイ味だしてるし、この先カナギの敵に 3巻。前回で詩人の正体が明らかになったけど、今回はミリアンの出生について、ラストで漸く見えてきた感じ。新キャラのラングレー卿もバシュラールと絡む事によってまたイイ味だしてるし、この先カナギの敵になるだろう、黒いゆりかごという組織も出てきて、いよいよ3人の舞台が盛り上がってきそうです。 …続きを読む
    よっち
    2013年09月25日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品