試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年09月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784041789865

憑依 ―HYOU・I―

  • 著者 吉村 達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年09月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784041789865

私ヲ殺シタノハ、アナタノ父親! 霊に憑かれた女が語る驚愕の真実!!

「私には手足胴体をバラバラにされた女の子の霊が憑いてるの」。岡本龍一は知り合ったばかりの月舘未知子から信じがたい話を聞かされた。しかもその女の子を殺したのは自分の父親だと言う。戦慄のホラー小説!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「憑依 ―HYOU・I―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ちょっぴりだけ怖くて面白かった。 女性との恋愛=告白する前から結婚を固く心に誓う、龍一。一度ターゲットを決めたら、女性は自分の好みから外れた行動や考えを持つのは許せないって人、現実にもいそう。 大学時 ちょっぴりだけ怖くて面白かった。 女性との恋愛=告白する前から結婚を固く心に誓う、龍一。一度ターゲットを決めたら、女性は自分の好みから外れた行動や考えを持つのは許せないって人、現実にもいそう。 大学時代の友人で生霊が視える伸吾の存在は良かった。 この作家はかなり作品出しているのね。『ケータイ』は読了したから、他の本もまた読んでみたい。 …続きを読む
    キューポップ
    2015年10月21日
    16人がナイス!しています
  • この前、壮絶な末期癌の様子をご自分で書いた本を読みました。その前に読書メーター開始前を含めて何冊かこの人のものを読んでいますが、久しぶりの得意とするホラーでした。素晴らしい出来だと思います。もっと多く この前、壮絶な末期癌の様子をご自分で書いた本を読みました。その前に読書メーター開始前を含めて何冊かこの人のものを読んでいますが、久しぶりの得意とするホラーでした。素晴らしい出来だと思います。もっと多くの人に読んでもらっていい名作だと思います。いろいろなレベルの怖さのミックスです。設定が怖い。この登場人物が自分のようで怖い。どんでん返しもあり。そして、映像でなくて活字なのに背筋が悪寒でぞくぞくする恐怖が走る。究極のホラーエンターテインメントと言って良いと思います。巻末に著作一覧があります。まだまだ楽しみ。 …続きを読む
    Our Homeisland
    2013年07月06日
    9人がナイス!しています
  • これは恐かった…。タイトル通り『憑依』がキーワードとなっていますが、その正体は…といった作品でした。衝撃のラストで、グイグイ引っ張られ一気に読めました。面白かったです。 これは恐かった…。タイトル通り『憑依』がキーワードとなっていますが、その正体は…といった作品でした。衝撃のラストで、グイグイ引っ張られ一気に読めました。面白かったです。
    そのぼん
    2012年02月13日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品