黒髪に恨みは深く 髪の毛ホラー傑作選

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
354
ISBN:
9784043804023

黒髪に恨みは深く 髪の毛ホラー傑作選

  • 編者 東 雅夫
  • 著者 赤江 瀑
  • 著者 伊藤 人誉
  • 著者 加門 七海
  • 著者 園 子温
  • 著者 皆川 博子
  • 著者 村田 喜代子
  • デザイン 角川書店装丁室 大武尚貴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年07月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
354
ISBN:
9784043804023

髪は神に通ず…その妖しき黒髪に宿るのは霊力か、恨みか。

古来より不思議な力を持つと信じられ、日本的怪異の原風景ともいうべき呪物たる「髪の毛」。お岩さま(東海道四谷怪談)から貞子(リング)まで黒髪にまつわる恐ろしくも哀しい怪談・ホラーの数々の集大成。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黒髪に恨みは深く 髪の毛ホラー傑作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 妖しきは女の黒髪。髪の毛は生を失うと、情念のこもったおぞましいものになってしまうのは何故だろう...。生きている女性の黒髪は美しく魅力あるものと思われるが、死者の髪や切りとられた髪、抜け落ちて排水口に 妖しきは女の黒髪。髪の毛は生を失うと、情念のこもったおぞましいものになってしまうのは何故だろう...。生きている女性の黒髪は美しく魅力あるものと思われるが、死者の髪や切りとられた髪、抜け落ちて排水口に絡まった髪などは、触るのも躊躇われるほどおぞましいものと化する。そんな黒髪を題材にしたアンソロジー。伊藤人誉『髪』でまずゾクッとさせられ、泉鏡花『黒髪』に酔いしれ、最後は「指は、あげましたよ」から始まる皆川博子『文月の使者』でノックアウトです。他にも四谷怪談、貞子、エクステ怪談...盛りだくさんの一冊。 …続きを読む
    mii22.
    2015年08月24日
    42人がナイス!しています
  • 女性というだけで怖いのに、そこに黒髪が足される事によって恐怖、というか不気味さが倍増される感じがいい。あと、このごろ、黒髪の女性が少ないから新たに黒髪の女幽霊が生まれにくくなっていることが残念だと思う 女性というだけで怖いのに、そこに黒髪が足される事によって恐怖、というか不気味さが倍増される感じがいい。あと、このごろ、黒髪の女性が少ないから新たに黒髪の女幽霊が生まれにくくなっていることが残念だと思う。 …続きを読む
    じゅんぢ
    2017年12月26日
    32人がナイス!しています
  • 黒髪… それも長く艶やかな黒髪ほど安らぎと怖さといった両極端な感情を同時に抱かせるものはない… そんな闇色に魅せられた著名な作家らによって幻想的かつ怪奇に料理されたアンソロジー。。お気に入りは、謎過ぎ 黒髪… それも長く艶やかな黒髪ほど安らぎと怖さといった両極端な感情を同時に抱かせるものはない… そんな闇色に魅せられた著名な作家らによって幻想的かつ怪奇に料理されたアンソロジー。。お気に入りは、謎過ぎる謎の女による静かな恐怖がたまらない‥ 伊藤人誉「髪」。不気味さとほのぼのさがこれほどまでにマッチするとは… 謎の怪現象の噂を確かめるべく足を運ぶ夫婦御一行の物語‥ 村田喜代子「生え出ずる黒髪」。ほんと上手いねぇ、まるで落語の小噺のようだ‥ 皆川博子「文月の使者」。 …続きを読む
    Yu。
    2016年07月22日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品