少女七竈と七人の可愛そうな大人

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784048737005

少女七竈と七人の可愛そうな大人

  • 著者 桜庭 一樹
  • デザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784048737005

わたし、川村七竈十七歳はたいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった――

鉄道を愛し、孤高に生きる七竈。淫乱な母は、すぐに新しい恋におちて旅に出る。親友の雪風との静かで完成された世界。だが可愛そうな大人たちの騒ぎはだんだんと七竈を巻き込んで――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「少女七竈と七人の可愛そうな大人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 桜庭さんは結局こういう小説が一番合ってる。残念な事に。いや、まだ4作目だからどうなるか分からないけれど。「赤朽葉家の伝説」とか面白そうだしな~ミステリで。女性の泥臭い所の心理描写が上手。でも正直なとこ 桜庭さんは結局こういう小説が一番合ってる。残念な事に。いや、まだ4作目だからどうなるか分からないけれど。「赤朽葉家の伝説」とか面白そうだしな~ミステリで。女性の泥臭い所の心理描写が上手。でも正直なところ、今回の主人公は理解しかねた。だって住んでる世界が違うから。周りの学校にまで美人という噂が蔓延していて、道を通るだけで振り向かれ、さらには親が旅に出ていて、鉄道好きな人の心情なんて分かるわけがない。でも分かるのは、時が経つと大人になるということだ。そこからは自分の心に任せるしかない。だから雪風、さようなら。 …続きを読む
    とら
    2012年01月09日
    145人がナイス!しています
  • 「たいへん遺憾ながらも美しく育ってしまった私。」独特な語り口の、望まぬ呪われた美を持つ17歳の少女・七竈(ななかまど)。そんな彼女と、道が交わる事はあっても決して重なって進むことの出来ない人々の物語。 「たいへん遺憾ながらも美しく育ってしまった私。」独特な語り口の、望まぬ呪われた美を持つ17歳の少女・七竈(ななかまど)。そんな彼女と、道が交わる事はあっても決して重なって進むことの出来ない人々の物語。美しい少年・親友の雪風。穏やかな祖父。いんらんな母。母と関係のある男達。その家族。雪風を好きな後輩。余生をおくる警察犬。誰もが印象的で、それでいて少しずつ悲しい。なんだろう?この毒に満ちた透明感のある世界は!私にとって初の桜庭作品だったんですが、いきなり深みにはまった気がします。すごく、好きな世界でした。 …続きを読む
    エンブレムT
    2010年04月30日
    143人がナイス!しています
  • ものすごく面白かった!!!!美しいかんばせを持って産まれた七竈。その美しさは、田舎の小さな閉ざされた世界では異端となっていた。美しさよ永遠なれ、少女よ永遠なれ、とついあり得ないことを願ってしまう。人生 ものすごく面白かった!!!!美しいかんばせを持って産まれた七竈。その美しさは、田舎の小さな閉ざされた世界では異端となっていた。美しさよ永遠なれ、少女よ永遠なれ、とついあり得ないことを願ってしまう。人生のうちのほんの一瞬の刹那を見事に切り取って描き切っている、と感じた。どこか古風な大正の空気を思わせる文章とよく似合う世界だった。七竈の赤、雪風のマフラーの赤、真っ白な雪、という色彩もとても美しい! …続きを読む
    ミナコ@灯れ松明の火
    2011年07月21日
    113人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

桜庭 一樹(さくらば・かずき)

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受ける。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。『GOSICK-ゴシック-』シリーズは人気を博し、長篇8巻短篇集4巻が刊行、アニメ化された。続刊として『GOSICK RED』『GOSICK BLUE』『GOSICK PINK』も刊行中。他の著書に『道徳という名の少年』『推定少女』『赤×ピンク』『ほんとうの花を見せにきた』『このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集』『少女七竈と七人の可愛そうな大人』『無花果とムーン』など。

最近チェックした商品