夜光虫 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2006年01月13日
商品形態:
電子書籍

夜光虫

  • 区分表記なし 馳 星周
発売日:
2006年01月13日
商品形態:
電子書籍

再起を賭け台湾球界に身を投じた元エースを呑み込む暗黒。閉塞状況で解き放たれた狂気を描くアジアン・ノワール

栄光に彩られた野球人生を全うするはずだった加倉昭彦を肩の故障が襲う。引退、事業の失敗、離婚、残った莫大な借金。加倉は再起を賭け台湾プロ野球に身を投じる。それでも将来の不安が消えることはない。苛立つ加倉は台湾マフィアの誘いに乗り、放水――八百長に手を染めた。交錯する絆と裏切り。揺れ動く愛と憎しみ。破滅への道しか進むことのできない閉塞状況のなかで解き放たれていく狂気……。人間の根源的欲望を描き切ったアジアン・ノワールの最高峰!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜光虫」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まさかの続編が出たので久々に。馳作品の中でもかなり好きな一冊。著者の初期作品は、刺激が強いかわりに続けて読むとまぁ飽きるのも早いが、この作品は着地点が少し異質でインパクトがあった。野球を題材にしている まさかの続編が出たので久々に。馳作品の中でもかなり好きな一冊。著者の初期作品は、刺激が強いかわりに続けて読むとまぁ飽きるのも早いが、この作品は着地点が少し異質でインパクトがあった。野球を題材にしているという事が原因で、読んだのは割と後の方だったのだが、妄執を叩きつけてくるような文体は他作品と比較しても強めに訴えかけてくる。『不夜城』や『漂流街』と比較すると主人公の加倉は一見”普通”なのだが、狂いだしてからの疾走感と振れ幅は読みごたえタップリ。この時期の作品はプロットもしっかりしていて重さも申し分ない。 …続きを読む
    W-G
    2017年05月13日
    344人がナイス!しています
  • 平成ハードボイルドシリーズ。『不夜城』が徹底した欠乏の物語であったことを思うと、かつて日本のプロ野球でノーヒットノーランを達成した主人公の加倉は、落ちぶれていても比較的恵まれたスタートです。永遠に埋ま 平成ハードボイルドシリーズ。『不夜城』が徹底した欠乏の物語であったことを思うと、かつて日本のプロ野球でノーヒットノーランを達成した主人公の加倉は、落ちぶれていても比較的恵まれたスタートです。永遠に埋まらないマイナスを埋めようとする劉健一に対して、基礎能力の高い加倉は、欲望の対象となるようなプラスを探すのですが、そもそも欲のない、あるいは自分の欲望を知らない彼を本質的に惹きつけるものはない、というのが主題かなあ、と思います。後輩の妻に対する執着が描かれるんですが、『不夜城』の夏美ほどの重みはないですし。 …続きを読む
    k5
    2020年08月08日
    64人がナイス!しています
  • この頃、気候のせいか何故か本が読み進まないのとこの作品の続編、『暗手』のおさらいの為に再読。シラを切れ、誤魔化せ、丸め込め。加倉が野球選手として堕ちたのが台湾球界。そこで待ち構えてたのはマフィアとの八 この頃、気候のせいか何故か本が読み進まないのとこの作品の続編、『暗手』のおさらいの為に再読。シラを切れ、誤魔化せ、丸め込め。加倉が野球選手として堕ちたのが台湾球界。そこで待ち構えてたのはマフィアとの八百長試合。友人親兄弟と次から次と殺して行きそして… 加倉は何処に行くのか… っとやっと続編が出ました。 やはり馳星周ワールドは犬やサッカーではなく騙し騙されダークノワール。ちょっとこのままテンション上げて暗手を読みたいと思います。 …続きを読む
    まーしゃ◢|積読消化月間
    2017年07月25日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品