水の時計

第22回 横溝正史ミステリ大賞<大賞>

水の時計 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2006年01月13日
商品形態:
電子書籍

第22回 横溝正史ミステリ大賞<大賞>

水の時計

  • 区分表記なし 初野 晴
発売日:
2006年01月13日
商品形態:
電子書籍

月夜にだけ目覚める少女が、生と死の狭間で選んだ生き方とは!? 第22回横溝正史ミステリ大賞受賞作

医学的に脳死と診断されながら、月明かりの夜に限り、特殊な装置を使って言葉を話すことのできる少女・葉月。生きることも死ぬこともできない、残酷すぎる運命に囚われた彼女が望んだのは、自らの臓器を、移植を必要としている人々に分け与えることだった――。透明感あふれる筆致で生と死の狭間を描いた、ファンタジックな寓話ミステリ。第22回横溝正史ミステリ大賞受賞作。

メディアミックス情報

NEWS

「水の時計」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 現代版の幸福の王子。さしずめ身体の一部分を分け与えるのは葉月、そしてその懇願を受ける運び役のツバメは昴。自己犠牲を通して見る生と死の作者の考える考察が胸を打ちます。月明かりが優しい夜、生と死に意味を問 現代版の幸福の王子。さしずめ身体の一部分を分け与えるのは葉月、そしてその懇願を受ける運び役のツバメは昴。自己犠牲を通して見る生と死の作者の考える考察が胸を打ちます。月明かりが優しい夜、生と死に意味を問い続ける事にさえ意味があるのか時に私達は分からなくなる。答えのない道で迷ってしまった子供のように泣き出したい衝動に駆られる時が確かにあるのだ。それでも孤独を知り、挫折に悔いながら結末に至った二人がいたことを知っただけでその意味を知った様な気にさえなれた。ようやく触れられたのだ。その心情に物語が終わる今やっと。 …続きを読む
    優愛
    2015年03月07日
    170人がナイス!しています
  • デビュー作。臓器移植がメインテーマでウルッて来る所もある。ミステリー大賞なのにミステリー色が弱いような気もする。 デビュー作。臓器移植がメインテーマでウルッて来る所もある。ミステリー大賞なのにミステリー色が弱いような気もする。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2015年09月23日
    123人がナイス!しています
  • ページをめくって直ぐに大好きな「幸福の王子」が出てきた時点でドキドキしました。なんだかちょっと読みにくい部分もありましたが、ストーリーは斬新で、あの「退出ゲーム」と同じ作家さんとは思えませんでした。命 ページをめくって直ぐに大好きな「幸福の王子」が出てきた時点でドキドキしました。なんだかちょっと読みにくい部分もありましたが、ストーリーは斬新で、あの「退出ゲーム」と同じ作家さんとは思えませんでした。命について考えさせられる作品で、主人公も不良少年だし、明るいお話ではないんですが、現代版「幸福の王子」が良く書けていると思いました。それにしても、オスカー・ワイルドの「幸福の王子」が又読みたくなりました。 …続きを読む
    財布にジャック
    2010年11月22日
    118人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品