試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041323298

堀部安兵衛(下)

  • 著者 池波 正太郎
  • イラスト 蓬田 やすひろ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041323298

雪の夜の吉良邸討ち入り、いよいよクライマックス

江戸城北高田の決闘で剣名を上げた安兵衛は、播州・赤穂の浅野家家臣堀部弥兵衛に望まれて、その婿となった。だが、その後、浅野家を見舞った不運は彼の運命をも変転させた。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「堀部安兵衛(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 池波さんはだいぶ庇ってはいるが、忠臣蔵の悲劇の原因は浅野の殿様だと思う。話は変わるが、この文庫の解説の池波正太郎の創作裏話は面白かった。 池波さんはだいぶ庇ってはいるが、忠臣蔵の悲劇の原因は浅野の殿様だと思う。話は変わるが、この文庫の解説の池波正太郎の創作裏話は面白かった。
    はいから博士
    2011年01月15日
    2人がナイス!しています
  • 面白い 面白い
    ぺしみち
    2015年01月14日
    1人がナイス!しています
  • 鳥羽又十郎からの嬉しい手紙。いよいよ切腹の時の主税の健気さ、安兵衞が掛ける優しい言葉、泣けました。 鳥羽又十郎からの嬉しい手紙。いよいよ切腹の時の主税の健気さ、安兵衞が掛ける優しい言葉、泣けました。
    なし
    2016年12月13日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品