試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784043442065

虚の王

  • 著者 馳 星周
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784043442065

十代の心の闇を描き出す傑作ノワール。

兄貴分の命令で、高校生がつくった売春組織の存在を探っていた覚醒剤の売人・新田隆弘。組織を仕切る渡辺栄司は色白の優男。だが隆弘が栄司の異質な狂気に触れたとき、破滅への扉が開かれた――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「虚の王」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • どっぷりと、たっぷりと、馳星周のノワールな世界を堪能しました。 救いのない狂気の世界。 もともと要素はあったんでしょうが、ちょっとしたきっかけでどんどん狂っていく過程があり得ないようで、シリアス どっぷりと、たっぷりと、馳星周のノワールな世界を堪能しました。 救いのない狂気の世界。 もともと要素はあったんでしょうが、ちょっとしたきっかけでどんどん狂っていく過程があり得ないようで、シリアスでもある。 エイジのような高校生はおらんやろ!と思うけど、潤子のような女はわりといてそうで怖い。 破滅に向かってまっしぐら! 面白かった。 …続きを読む
    ねこまんま
    2015年12月20日
    27人がナイス!しています
  • 氏の作品は不夜城以外で初でしたが、良くも悪くも期待を裏切らない展開でした。しかしこれだけ結末まで何が起こるか予測がついてしまう物語にも関わらず、ページを捲らされ先が気になってしまうのは、作者の持つ魔力 氏の作品は不夜城以外で初でしたが、良くも悪くも期待を裏切らない展開でした。しかしこれだけ結末まで何が起こるか予測がついてしまう物語にも関わらず、ページを捲らされ先が気になってしまうのは、作者の持つ魔力としか言いようがありません。この投げ槍でぶっきら棒な文章に浸かっているだけで、自分も気だるげで刹那的な人生の裏路地を歩いているかの様に錯覚し、その行き着く先を見てみたいという昏い欲求が肚の底でのたりと鎌首をもたげるのですから、むしろ読み通りの展開に期待をしてしまうのは当然の事とも言えるのでしょう。面白かった。 …続きを読む
    豚山田
    2014年10月13日
    17人がナイス!しています
  • 邪気のない悪意。日常の中に紛れた狂気。まるで不快な汗を拭うような気軽さで、道徳や倫理といった概念を飛び越えてしまう少年、栄司と出逢ったことによって運命を狂わされた人々の物語。かつては暴力で渋谷に君臨し 邪気のない悪意。日常の中に紛れた狂気。まるで不快な汗を拭うような気軽さで、道徳や倫理といった概念を飛び越えてしまう少年、栄司と出逢ったことによって運命を狂わされた人々の物語。かつては暴力で渋谷に君臨した隆弘ですら、栄司との出逢いから破滅への道を転がり落ちていってしまう。僅か数日の出来事があまりにも濃密すぎて眩暈すら覚えそうになる。度を越した暴力の連鎖に眉を顰めながらも、先へ先へと頁を捲る手が止まらない。それは、登場人物を介して作者の放つエネルギーに吸い寄せられ、引き込まれるような感覚なのかもしれない。 …続きを読む
    みやこ
    2014年07月09日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品