機動戦士ガンダムSEED DESTINY(2) さまよう眸

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年06月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
388
ISBN:
9784044291099

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(2) さまよう眸

  • 原作 矢立 肇
  • 原作 富野 由悠季
  • 著者 後藤 リウ
  • カバーイラスト 大貫 健一
  • 口絵イラスト 小笠原 智史
  • 本文イラスト As’MARIA
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年06月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
388
ISBN:
9784044291099

大人気TVアニメの完全小説化、第2弾!

再び戦乱の渦に呑まれた世界。地球連合軍の圧制に抵抗するレジスタンスたちを支援するためミネルバは、ユーラシア西部を目指す。一方、ザフトに復隊したアスランはミネルバに合流するためオーブを目指すが──。

メディアミックス情報

NEWS

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(2) さまよう眸」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 機動戦士ガンダムSEED DESTINY小説化第2弾。今回一番良かったシーンはやはりフリーダムの復活のシーンです。アニメのときは相手の武装を狙って攻撃し致命的なダメージを与えないフリーダムがかっこよく 機動戦士ガンダムSEED DESTINY小説化第2弾。今回一番良かったシーンはやはりフリーダムの復活のシーンです。アニメのときは相手の武装を狙って攻撃し致命的なダメージを与えないフリーダムがかっこよく思っていました。しかし小説では相手の心情などが書かれているせいかなり屈辱的な戦い方をしているのだと感じ、フリーダムやキラへの想いに変化がありました。アスラン側の視点で書かれているせいかフリーダムたちはただ戦場を混乱させているだけに思えました。引き続き3巻に読み移りたいと思います。 …続きを読む
    穴子
    2012年06月21日
    4人がナイス!しています
  • 皆、頑張ってはいた。頑張ってはいたのだ…。致命的にタイミングと思考回路が悪いだけで。オーブ駄目だなありゃ。 皆、頑張ってはいた。頑張ってはいたのだ…。致命的にタイミングと思考回路が悪いだけで。オーブ駄目だなありゃ。
    北白川にゃんこ
    2017年03月15日
    2人がナイス!しています
  • ハイネ・ヴェステンフルスは、Destinyでは珍しく好感がもてる好きなキャラ(笑) 『ザクとは違うんだよ!ザクとは!!』に痺れたけど、元ネタがあるらしい。私はSEEDからガンダムにのめりこんだもので… ハイネ・ヴェステンフルスは、Destinyでは珍しく好感がもてる好きなキャラ(笑) 『ザクとは違うんだよ!ザクとは!!』に痺れたけど、元ネタがあるらしい。私はSEEDからガンダムにのめりこんだもので…(苦笑) ハイネ登場のタイミングはアニメとは違う??? 少し早いような…。この先の展開が私的には非常に不愉快なので、『ハイネが生きていたらストーリーはどう変わっていただろう?』と読むたびに思う(笑) ハイネがデスティニーを駆るシーンも見たかった(読みたかった)なぁ。 …続きを読む
    スカイラ・プリメラ
    2017年05月27日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品