神秘家列伝 其ノ四

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041929117

神秘家列伝 其ノ四

  • 著者 水木 しげる
  • デザイン 片岡 忠彦
  • イラスト 水木 しげる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041929117

見えない世界が見えてくる!

強烈な個性を放つ「神秘家」といわれる人々を、妖怪漫画の巨匠が描く好評シリーズ第四弾。今回登場するのは、仙台四郎、天狗小僧寅吉、駿府の安鶴、柳田国男、泉鏡花。見えない世界が見えてくる!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神秘家列伝 其ノ四」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 3巻を飛ばして先に読んでます。しかし、この4巻は面白かったです。もはや神秘的な経験をした人とは言えない物になっていますが。(笑) 私が多少知っている、現代に近い人達の伝記漫画です。仙台四郎さんの話が良 3巻を飛ばして先に読んでます。しかし、この4巻は面白かったです。もはや神秘的な経験をした人とは言えない物になっていますが。(笑) 私が多少知っている、現代に近い人達の伝記漫画です。仙台四郎さんの話が良かったです。福の神として崇められていた事は知っていましたが、元々が裕福な生まれで、知能の発達が損なわれた原因、最後は行方不明であるなどが分かって悲しく残念です。柳田国男さんの遠野物語は読みましたが、それを書くまでの背景は全く知りませんでした。また読み返したくなような気持ちになりました。 …続きを読む
    美登利
    2015年12月05日
    63人がナイス!しています
  • 水木先生が強烈な個性を持つ神秘的な世界との関わりを持った人々を描いた連作集。泉鏡花が収録されていたので読んだのですが、仙台四郎と天狗小僧寅吉がすごいインパクトありました。背景も恐れ入るほど緻密でその緻 水木先生が強烈な個性を持つ神秘的な世界との関わりを持った人々を描いた連作集。泉鏡花が収録されていたので読んだのですが、仙台四郎と天狗小僧寅吉がすごいインパクトありました。背景も恐れ入るほど緻密でその緻密で写実的な背景の中にユーモラスなキャラクターが溶け込むというのが真骨頂だなあと改めてうなりました。柳田國男はもっと掘り下げた話をまるまる一冊読んでみたかったです。鏡花先生のお布団シーン(?)があるのが妙に笑えました(笑)。眼鏡つけたままか! …続きを読む
    ユミ
    2016年09月02日
    56人がナイス!しています
  • 全然神秘家じゃないじゃんと思いつつ読む。ネタが切れたんだろうと。左官の親方有名人なんですか? 全然神秘家じゃないじゃんと思いつつ読む。ネタが切れたんだろうと。左官の親方有名人なんですか?
    山田太郎
    2014年09月29日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品