試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041713303

巌流島 武蔵と小次郎

  • 著者 津本 陽
  • デザイン 角川書店装丁室
  • イラスト 中野 耕一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041713303

剣の道を知り尽くした著者が、満を持して放つ長編剣豪小説!

日本人を魅了してやまない孤高の剣士、宮本武蔵は、いかにして最強の相手に立ち向かったのか。圧倒的迫力と群を抜くリアリティで、剣豪小説の名手が描く、世紀の決闘。(『武蔵と小次郎』改題)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「巌流島 武蔵と小次郎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これもBook-Off。剣戟のシーンを描かせたら津本陽に敵う者はいない。著者自身、剣術の高段者だし、多くの武道家たちを取材してきているからだ。巌流島の闘いを堪能させてもらった。ただ、津本さん独特の「読 これもBook-Off。剣戟のシーンを描かせたら津本陽に敵う者はいない。著者自身、剣術の高段者だし、多くの武道家たちを取材してきているからだ。巌流島の闘いを堪能させてもらった。ただ、津本さん独特の「読点」の打ち方に戸惑うことしきりだった。 …続きを読む
    AICHAN
    2014年08月09日
    5人がナイス!しています
  • 有名な巌流島の決闘にスポットを当てている訳でもなく、武蔵と小次郎を並立的に描いている訳でもない。謂わば、『宮本武蔵』のダイジェスト版のようなもの。だから、なぜこのタイトルにしたのかが不明。結局、死と隣 有名な巌流島の決闘にスポットを当てている訳でもなく、武蔵と小次郎を並立的に描いている訳でもない。謂わば、『宮本武蔵』のダイジェスト版のようなもの。だから、なぜこのタイトルにしたのかが不明。結局、死と隣り合わせに生きる武蔵の強さの秘訣は、自らの思念と戦う一人稽古と、神仏に頼らぬ合理性の賜物か……「神や仏は、斬りあいする者を護ってくれやせんぞ。そがいな甘い考えを持ってりゃ、たちまち殺されらあ。わが命をとられるまえに敵を斬り殺すのが、降魔の剣じゃ。死にとうなけりゃ、わか技を磨くよりほかはなかろう」 …続きを読む
    うたまる
    2013年09月23日
    1人がナイス!しています
  • 武蔵が早熟というか若いうちから神がかってるなぁ 武蔵が早熟というか若いうちから神がかってるなぁ
    KBS
    2012年07月30日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品