試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041713310

信長の傭兵

  • 著者 津本 陽
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041713310

戦国の世に、鉄砲に賭けた男の生涯。

鉄砲の製造に成功した津田監物は、傭兵軍団「根来鉄砲衆」を率い、織田信長の天下布武実現のため命を賭ける。戦国の世を駆け抜けた監物の波乱に満ちた生涯と、凄絶なその最期を描く歴史長編、鉄砲無頼伝続編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「信長の傭兵」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 解説読んで「鉄砲無頼伝」の続きの話と知る(-_-;)でもこの本だけ読んでも大丈夫でしたけど、やっぱり時系列で読んだほうがいいよね。種子島から鉄砲を買い付けた紀州根来の津田監物の話。同じ紀州でも根来衆は 解説読んで「鉄砲無頼伝」の続きの話と知る(-_-;)でもこの本だけ読んでも大丈夫でしたけど、やっぱり時系列で読んだほうがいいよね。種子島から鉄砲を買い付けた紀州根来の津田監物の話。同じ紀州でも根来衆は信長に雑賀衆は本願寺についたんですね(でもお互いに殺し合いはしないw)。最後のほうには「村上海賊の娘」でも出てきた泉州の海賊、真鍋七五三兵衛とか知った名前も出てくるし、根来寺から山を越えれば泉州なんで、津田監物のしゃべる言葉も全く僕には違和感なしーーこれやから泉州は大阪じゃなく和歌山って言われるやね(^^;) …続きを読む
    ぜんこう
    2018年07月30日
    23人がナイス!しています
  • これもBook-Off。NHKの『八重の桜』で頻繁出てきた「カクバ」という言葉がある。それがどういう意味なのか、漢字で書くとどういう字なのか気になっていたが、この本を読んでそれは「角場」であり、「射撃 これもBook-Off。NHKの『八重の桜』で頻繁出てきた「カクバ」という言葉がある。それがどういう意味なのか、漢字で書くとどういう字なのか気になっていたが、この本を読んでそれは「角場」であり、「射撃場」の意味であることがわかって勉強になった。紀州言葉を使っての小説は読んでいて疲れる。読みにくい。標準語で書いてもらたかった。それでも読者は不満に思わないと思う。司馬遼太郎の本に『尻くらえ孫一』という作品がある。同じ紀州の雑賀集の物語だが紀州弁では書かれていない。でも、最高に面白い。 …続きを読む
    AICHAN
    2014年08月28日
    9人がナイス!しています
  • 鉄砲隊派遣業・根来軍団。報酬次第でどこでも駆けつけます。無敵です。命のやりとりする気はないので撤退は早いです。潔い・・主従関係ないからなぁ。戦国時代でどこにも屈してないって強みだよなぁ。そこらの大名よ 鉄砲隊派遣業・根来軍団。報酬次第でどこでも駆けつけます。無敵です。命のやりとりする気はないので撤退は早いです。潔い・・主従関係ないからなぁ。戦国時代でどこにも屈してないって強みだよなぁ。そこらの大名より団結力あるし、不思議。兄弟仲も良い。ってコトは分かるんやけど。全然信長兄さんが出て来なくて疲れた。信長隊に応援行っても根来衆の戦いっぷりなだけやし。この題名違わへん?って思ってたら改題してるのね。前のまんまでいいよ。おきたとの話要る?監物さんの最後があっけなくてびっくりした。まぁ撃たれたら一瞬やろけど。。。 …続きを読む
    あここ
    2018年03月10日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品