寺山修司青春歌集

寺山修司青春歌集

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041315255
label

寺山修司青春歌集

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2005年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041315255

青春とは何だろう。みずみずしい情感に溢れた傑作歌集。

青春とは何だろう。恋人、故郷、太陽、桃、蝶、そして祖国、刑務所。18歳でデビューした寺山修司が、情感に溢れたみずみずしい言葉で歌った作品群。歌に託して戦後世代の新しい青春像を切り拓いた傑作歌集。 青春とは何だろう。恋人、故郷、太陽、桃、蝶、そして祖国、刑務所。18歳でデビューした寺山修司が、情感に溢れたみずみずしい言葉で歌った作品群。歌に託して戦後世代の新しい青春像を切り拓いた傑作歌集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「寺山修司青春歌集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 寺山修司の本は、今まで詩集とエッセイを読んだだけで、今回、初めて短歌の本を読みました。私は短歌など読んでもわからないと決めつけていましたが、寺山修司の思いきりの良さや、人間描写、自然描写が良く、読んで 寺山修司の本は、今まで詩集とエッセイを読んだだけで、今回、初めて短歌の本を読みました。私は短歌など読んでもわからないと決めつけていましたが、寺山修司の思いきりの良さや、人間描写、自然描写が良く、読んでいて、文章が私の体内に、どんどん入り込んできました。特にリンゴ畑の短歌は、私が青春時代に旅した、青森の風景を思い出して、懐かしさがこみ上げてきました。私の場合、人生に迷ったとき、寺山修司の文章を読むと、それまでと異なった決断を下せるときがあります。価格も安く、オススメの一冊です。 …続きを読む
    クプクプ
    2023年08月05日
    76人がナイス!しています
  • この人の前だと、自分を見失って、自分を無くしてしまう。いつかの郷愁を重ねてしまいます。重ねた春は、いつだって遠い過去になって痛みが和らいでから、思い起こせるものなのだと改めて感じました。そうさせるのは この人の前だと、自分を見失って、自分を無くしてしまう。いつかの郷愁を重ねてしまいます。重ねた春は、いつだって遠い過去になって痛みが和らいでから、思い起こせるものなのだと改めて感じました。そうさせるのは彼が青さだけでなく、血と麦の海を知っているし、ぽっかりとあいた深淵を知っているからなのかもしれません。そして何よりも、ともに過ごした友人への深い感謝の気持ちがあるからこそ、生まれた歌なのだと思います。 …続きを読む
    絹恵
    2016年03月26日
    46人がナイス!しています
  • “喪失”と“不在”の歌。「『私』性文学の短歌にとっては無私に近づくほど多くの読者の自発性になりうる」「世界という言葉が歴史とはなれて、例えば一本の樹と卓上の灰皿との関係にすぎないとしてもそうした世界を見る “喪失”と“不在”の歌。「『私』性文学の短歌にとっては無私に近づくほど多くの読者の自発性になりうる」「世界という言葉が歴史とはなれて、例えば一本の樹と卓上の灰皿との関係にすぎないとしてもそうした世界を見る目が今の私には育ちつつあるような気がするのだ。」 …続きを読む
    松風
    2014年07月22日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品