角川文庫

いぬのえいが 小説・ポチは待っていた

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043784011

角川文庫

いぬのえいが 小説・ポチは待っていた

  • 著者 竹内 清人
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043784011

2005年3月公開、かわいく、楽しく、切ない、映画の文庫版。

2005年3月全国公開、映画「いぬのえいが」を一冊の本に…。かわいくて、笑えて、そして切ない、犬の一生とは!? 映画の写真もたくさん盛り込んだ豪華版。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いぬのえいが 小説・ポチは待っていた」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【生き物週間】映画の小説化。腹ペコの野良犬ポチと心を閉ざした男の子の交流。男の子は病気で東京の病院に入院することになり、ポチは彼を探しに旅立つ。ポチが旅の途中で出会う人たちは、みんな重い荷物を抱えてい 【生き物週間】映画の小説化。腹ペコの野良犬ポチと心を閉ざした男の子の交流。男の子は病気で東京の病院に入院することになり、ポチは彼を探しに旅立つ。ポチが旅の途中で出会う人たちは、みんな重い荷物を抱えていて、ポチの存在がそれを軽くしてくれる。ポチはただ、健気に山田君だけを追いかけていて、それが誰かの背中を押す。文章が淡々と進んで、ダイジェストのような印象なのがちょっと残念。あと、犬にあんパンはヤバくないか?映画に出ていたタレント犬の体が心配になる。【戌年に犬の本】 …続きを読む
    ゼニガメ
    2018年01月27日
    6人がナイス!しています
  • 前に買ったのをずっと読まないで積んでました。映画化したので買ったと思う。切ない心温まる話だけど、夜逃げして犬だけ置いていくのは今のご時世では問題になりそうな。 所々映画の犬の写真が入っていてほっこりし 前に買ったのをずっと読まないで積んでました。映画化したので買ったと思う。切ない心温まる話だけど、夜逃げして犬だけ置いていくのは今のご時世では問題になりそうな。 所々映画の犬の写真が入っていてほっこりした。 …続きを読む
    ちい
    2018年05月25日
    5人がナイス!しています
  • さらっと読めた。 昔読んだときはボロボロ泣いたけど、今回は感情移入出来なかったなぁ。 ぽちかわいい。 動物ものは好きですね さらっと読めた。 昔読んだときはボロボロ泣いたけど、今回は感情移入出来なかったなぁ。 ぽちかわいい。 動物ものは好きですね
    しゅー
    2017年03月21日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品