二月二日ホテル

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041612262

二月二日ホテル

  • 著者 北方 謙三
  • デザイン 泉沢 光雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041612262

過去にこだわりながらシャッターを押す、カメラマン望月の心に残るものは。

西アフリカを訪れたカメラマンの望月は、20年ぶりに再会した旧友から、フランスに運んで欲しいと荷物を託される。しかし望月には、その旧友との再会の喜びというより、なにか疑いのような感情を抱いた。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「二月二日ホテル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北方氏。ご褒美に読むつもりだったけどハマらなかった。若い頃なら望月みたいな男に憧れてワクワクしながら読めただろうけど今のご時世、毎日コンプライアンス、コンプライアンスと声高に聞かされると飲酒運転の描写 北方氏。ご褒美に読むつもりだったけどハマらなかった。若い頃なら望月みたいな男に憧れてワクワクしながら読めただろうけど今のご時世、毎日コンプライアンス、コンプライアンスと声高に聞かされると飲酒運転の描写や公道をフェラーリで250km/hで走る描写とかフィクションだと分かっていてもこんな事書いたら炎上しちゃう(*_*)とかが気になって大事な所が入ってこなかった。読む歳も大事だけど読む時代も大切。令和の今読むのは個人的にはキツい。解説読むと本作は「一日だけの狼」という話の続編らしい。そちらは未読。★★★☆☆ …続きを読む
    Take@磨穿鉄靴
    2019年08月26日
    48人がナイス!しています
  • 冷笑的な言動、粗暴なシャッターの切り方… バーでグラスを傾ける仕草も、匕首で身体を切り刻まれた中年の悶絶も、 平等な紙幅と温度で、淡々と描写していく「私」。 脳裏に甦る総括と自己批判という過去。 冷笑的な言動、粗暴なシャッターの切り方… バーでグラスを傾ける仕草も、匕首で身体を切り刻まれた中年の悶絶も、 平等な紙幅と温度で、淡々と描写していく「私」。 脳裏に甦る総括と自己批判という過去。 「私」が出会った被写体が自ら背負った不可避な未来。 感情に訴えかけない文体。 その文体で描いた、噎せ返るような人間臭さ。 相容れない特徴の狭間で、 突き放したかのようでもあり、優しくも感じる言葉を、時々こぼす「私」。。 …続きを読む
    ヘル・イン・ア・セル
    2018年05月02日
    1人がナイス!しています
  • 作者名知ってるのとタイトルに惹かれて購入。内容は可もなく不可もなくってところ。もともと短編集はあまり好きじゃないし、ハードボイルド小説もあまり好きじゃない。主人公が男で、その人目線で物語が進むから、女 作者名知ってるのとタイトルに惹かれて購入。内容は可もなく不可もなくってところ。もともと短編集はあまり好きじゃないし、ハードボイルド小説もあまり好きじゃない。主人公が男で、その人目線で物語が進むから、女が読んでも共感しにくい部分がある。 …続きを読む
    nami-e
    2006年11月27日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品