角川文庫

四十七人の刺客(下)

仇討ちではない、これは合戦だ!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043687046
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

四十七人の刺客(下)

仇討ちではない、これは合戦だ!

  • 著者 池宮 彰一郎
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043687046

仇討ちではない、これは合戦だ!

内蔵助は裏で軍資金や武器を調達し、吉良新屋敷の見取図を前に周到な準備を重ねる。「吉良への復讐ではない。すべては侍たるおのれの志に殉じるため」。そして極寒の吉良新屋敷に決戦の火蓋は切って落とされた。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「四十七人の刺客(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久々の再読&読了。いや〜中身濃い?実は作者のデビュー作なんです、コレ。流石映像作家。下巻は謀略に次ぐ謀略で徐々に追い詰められる上杉家。時の執政、柳沢の助力を得てあの手この手で挽回をしようとするが、全て 久々の再読&読了。いや〜中身濃い?実は作者のデビュー作なんです、コレ。流石映像作家。下巻は謀略に次ぐ謀略で徐々に追い詰められる上杉家。時の執政、柳沢の助力を得てあの手この手で挽回をしようとするが、全て後手。運命の12月14日を迎えてしまう。厳寒夜の吉良屋敷に四十七人が襲い掛かる!と言った所ですが、この小説には忠臣蔵の様な『善悪』は有りません。お互い『ヤるかヤられるか』その葛藤、思考、行動に『侍の本分』が垣間見えます。忠臣蔵はどちらかと言えば美化されてますが実際はそうじゃ無い。それが良く分かる内容です。 …続きを読む
    如水
    2018年10月11日
    32人がナイス!しています
  • ★★★★☆忠臣蔵モノ。浅野が吉良に斬りかかりお家取潰しになったところから、仇討ちを遂げるまでのあいだの、水面下の攻防に頁の大半が割かれている。互角の真剣勝負、とても面白かった。しかし、そもそも浅野内匠 ★★★★☆忠臣蔵モノ。浅野が吉良に斬りかかりお家取潰しになったところから、仇討ちを遂げるまでのあいだの、水面下の攻防に頁の大半が割かれている。互角の真剣勝負、とても面白かった。しかし、そもそも浅野内匠頭、藩を背負ってる自覚が足りん… …続きを読む
    pdango
    2017年01月16日
    28人がナイス!しています
  • 討ち入りの場面は迫力満点。内蔵助は、「討ち入り」でなく「戦(いくさ)」と考えていて、守る側がいくら吉良邸を要塞にしようとも、いつ襲ってくるかわからないし、襲う側は武具含め準備万端でやはり有利ですね。吉 討ち入りの場面は迫力満点。内蔵助は、「討ち入り」でなく「戦(いくさ)」と考えていて、守る側がいくら吉良邸を要塞にしようとも、いつ襲ってくるかわからないし、襲う側は武具含め準備万端でやはり有利ですね。吉良側の色部又四郎の敗因の一つに、人の心・感情を理解しようとせず配慮もしないところがある、と書いているけれど、そこに配慮できれば刃傷沙汰が起きた時にああいった判断はしなかったわけで、そもそもお話にならないわけです。彼は80歳以上まで長生きしたらしく、この後の彼を書いてくれるともっと面白かったかも。 ★★★★  …続きを読む
    きょちょ
    2016年09月19日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品