オレンジデイズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年06月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784048735469

オレンジデイズ

  • ノベライズ 小泉 すみれ
  • 脚本 北川 悦吏子
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年06月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784048735469

オレンジの夕焼けのような青春ラブストーリーを描いた北川ドラマノベライズ

結城櫂は就職戦線真っ只中の時期に、聴覚障害を持つ沙絵と出会う。彼女は将来を約束されたバイオリニストだった。沙絵をはじめ、仲間達との青春のまぶしい季節を描く北川ドラマのノベライズ。妻夫木&柴咲初共演。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オレンジデイズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ドラマも見てたけどやっぱりこういう大学生活を送りたかったなぁって今でも思ってしまう。 ドラマも見てたけどやっぱりこういう大学生活を送りたかったなぁって今でも思ってしまう。
    mitei
    2016年04月17日
    225人がナイス!しています
  • 原作あったんだっけ、と思って手に取ってみましたが、脚本を小説化してたんですね。内容がドラマに忠実すぎると思いましたw 憶えている限り、たぶん、ちゃんとドラマを見た一番最後がこれなんじゃないかと。ドラマ 原作あったんだっけ、と思って手に取ってみましたが、脚本を小説化してたんですね。内容がドラマに忠実すぎると思いましたw 憶えている限り、たぶん、ちゃんとドラマを見た一番最後がこれなんじゃないかと。ドラマやっていた時に、ちょうど大学4年だったから親近感みたいなのがありましたね。(まあ、こんな羨ましい経験もなく、大学院進みましたがw) 将来が漠然としてて、不安もありつつな毎日という感じですが、社会人になって読むとこういう頃が本当に貴重で羨ましいです、と思わずにはいられない話でした。 …続きを読む
    hisato
    2016年12月06日
    93人がナイス!しています
  • 青春期から社会への旅立ちのなか、揺れ動く心の変化に向かい合うことで、弱さを乗り越える。オレンジ色の夕焼けは、仲間とともに照らしてくれると、後悔はなかったと自信をのぞかせる。そうやって成長していくんだな 青春期から社会への旅立ちのなか、揺れ動く心の変化に向かい合うことで、弱さを乗り越える。オレンジ色の夕焼けは、仲間とともに照らしてくれると、後悔はなかったと自信をのぞかせる。そうやって成長していくんだなぁ、っとオヤジは思います(笑) 青春っていいじゃん。いいじゃん。 …続きを読む
    Koichiro Minematsu
    2019年05月25日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品